btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

山梨県

フォルトゥナだんけ14年ぶり2回目歓喜の優勝!

フォルトゥナだんけ 1-0(前半1-0) Uスポーツクラブ

山梨県大会決勝は14年ぶりの全国大会出場を目指すフォトゥナだんけと、2年ぶりの出場を目指すUスポーツクラブの対戦となりました。フォルトゥナはここまで5試合で26得点をあげ、どこからでも得点できる攻撃力を誇ります。一方Uポーツは準決勝で、昨年決勝で敗れたヴァンフォーレ甲府U-12をPKの末破り、雪辱を果たし波に乗ります。ここまでの5試合を無失点とディフェンス力が高く、1点を争う好ゲームが展開されました。

フォルトゥナは3-2-2、Uスポーツは2-1-3-1のシステムで、前半フォルトゥナは前からのハイプレスでUスポーツを押し込みペースをつかみます。FW、MFの4人が連動してパスをつなぎ何度も相手ゴールに迫りますが、Uスポーツの身体を張ったディフェンスになかなか決定機を作れません。しかしペースに乗り攻め込むフォルトゥナは前半11分小野選手が右サイドから中央へとドリブル、Uスポーツ2バッグの左サイドの空いたスペースへオバーラップしたDF高橋選手へスルーパス、このパスをワンタッチコントロールから左足を振り抜きシュートを決めて先制します。

前半は、フォルトゥナがハイプレスを続け1-0で終了。

後半、1点を追いかけるUスポーツが、一転して前線から積極的にボールを奪いにいきペースを握ります。UスポーツはFWの選手を入れ替え、攻撃の人数を増やし何度もゴール前に迫りチャンスを作りますが、フォルトゥナの粘り強いディフェンスに得点することができません。前半の1点を守り切ったフォルトゥナが勝利して全国大会出場を決めました。

14年ぶりに全国大会出場を決めたフォルトゥナの阿佐美監督は、持ち前の攻撃力を活かし全国での上位進出を目指すと力強く語りました。

監督・選手コメント

阿佐美宗平 監督(フォルトゥナだんけ)
これまで失点の無い相手チームに対し、前半立ち上がりにチームの狙い通りに得点できたことが非常に大きかったゲームでした。後半は苦しい時間が続きましたが良く耐えたと思います。崩しの部分は個々の選手の良さが出ていました。フィニッシュの精度を上げて全国大会に臨みたいと思います。

清水勝斗 選手(フォルトゥナだんけ)
無失点、1-0で勝利できたことがとてもうれしかったです。練習で取り組んできた前からの守備をしっかりできたと思います。後半は攻められることが多かったけれどチーム一丸となって戦えました。そして勝利できたことがとてもうれしく思いました。全国大会でもみんなで頑張りたいです。

高橋謙心 選手(フォルトゥナだんけ)
まずは試合立ち上がりにシュートを決めることが出来良かったと思います。前半の終盤では相手を止めきることが出来たけれど、後半に入り止めることが出来ない場面があり残念でした。最後まで無失点に守りきれたことは良かったです。

齋藤敬太 選手(フォルトゥナだんけ)
練習でやってきたことを試合に活かすことが出来、チームのみんなと目標にしてきた「全少県大会優勝」が達成できたことや、チーム一丸となって最後までやれたので、あとは全国大会でベスト8以上を狙って日々頑張っていきたいです。

優勝 フォルトゥナだんけ
準優勝 Uスポーツクラブ
3位 / 4位 ヴァンフォーレ甲府U-12 / 玉諸サッカースポーツ少年団
努力賞 玉諸サッカースポーツ少年団
グッドマナー賞 ヴァンフォーレ甲府U-12

  • 準優勝:Uスポーツクラブ

  • 3位:ヴァンフォーレ甲府U-12

  • 4位:玉諸サッカースポーツ少年団

開催期間

中央大会

2017年11月5日(日)~11月26日(日)

決勝会場

押原公園天然芝グラウンド

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP