btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 選手育成 > ナショナルGKキャンプ

ナショナルGKキャンプ

日本サッカー協会では育成におけるポジション別指導・強化を目的として、1999年より、JFA GKプロジェクトを中心に、ゴールキーパーに特化したナショナルゴールキーパーキャンプを開催しています。このキャンプでは、9地域のGKプロジェクトとナショナルコーチングスタッフからの推薦をもとに、日本全国からU15 U18年代それぞれ10名、合わせて20名のGKを招集して育成・強化を行っています。

目的

将来の日本代表を担うGKの育成・強化。アンダーカテゴリー代表チームのGKの育成、強化。 世界のトップGK、そして世界の同年代のGKの世界基準を知り、その比較から世界の中での自分の立ち位置を知ること。高い志を持ち、同世代のGKと切磋琢磨し日本の中での自分の立ち位置を知ること。このキャンプで受けた刺激を、日常での活動に結びつけ更なる成長を促すことを目指しています。

内容

各アンダーカテゴリー日本代表GKコーチ、ナショナルトレセンGK担当によるトレーニングとミーティング。キャンプでは4回のトレーニング毎に、シュートストップ、ブレイクアウェイ、クロス、攻撃参加の4つのテーマを設定し、それぞれに於いてテクニックの追求と、ゲームでの攻守にわたる効果的なプレーへのトライに取り組んでいます。ミーティングでは、映像によるGKのプレー分析を通して仲間とディスカッションし、それを発表、共有することに取り組んでいます。そこから選手個々が自分の目標設定を行い、その目標に到達するためになにをすべきかを明確にし、キャンプ中だけでなく、日々の取り組みに活かすことにチャレンジしています。

2016年実施予定
日程 場所
ナショナルGKキャンプ 2016年2月12日~14日 大分スポーツ公園

2015年2月までに17回のキャンプが開催され、これまでに、のべ357名のGKが参加しました。参加者の中には、日本代表として国際試合に出場経験を持つ川島永嗣選手、西川周作選手、権田修一選手らをはじめ、アンダーカテゴリー代表や、Jリーグの舞台で活躍する選手が数多くいます。GKキャンプは、47都道府県FAでのGKプロジェクトによるGKキャンプ、GKトレセン、GKスクール。そこから9地域でのGKキャンプ、そしてナショナルGKキャンプへとつながっており、選手だけで無く、指導者への情報発信・共有も行われています。

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP