btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

徳島県

リベルテSC、激戦を制し念願の全国大会初出場

助任サッカークラブ 0-2(前半0-0) リベルテSC

天候にも恵まれた中で行われた決勝戦。両者とも全国大会初出場をかけ、緊張感漂う中、序盤はお互いに激しくプレッシャーを掛け合い、中盤での攻防が続きます。

次第にリベルテSCが攻撃の形をつくり、相手陣内に攻め込みますが、助任サッカークラブも粘り強くボールを奪って、素早い攻撃でチャンスをうかがいます。

両チームともゴールまであと一歩のところまで攻め込みますが、身体を張った守備でシュートを阻み、試合は無得点のまま前半を終えます。

後半開始早々、リベルテSCはサイド攻撃でチャンスを作ると22分、中央からのスルーパスに反応した藤原選手が抜け出し、ゴールキーパーをかわしてシュートを放ち、待望の先取点を奪います。

その後、助任サッカークラブも反撃しリベルテSCゴールに迫りますが、あと一歩のところでシュートが打てず、逆にカウンターを受ける場面が多くなります。

助任サッカークラブが前掛かりになったところを、リベルテSCは見逃さずカウンター攻撃をしかけ、35分、ついに追加点を奪います。

その後は、助任サッカークラブが反撃を試みますが、得点を奪うことができないまま試合終了のホイッスルを迎えました。

全国大会初出場を目指した両チームによる白熱した試合は、2-0で助任サッカークラブの追撃を抑えたリベルテSCが初優勝を飾りました。

監督・選手コメント

藤原誠 監督(リベルテSC)
接戦をものにして決勝戦までこれたので、決勝戦では自分達のサッカーができ、勝つことができました。全国大会では徳島県にこんなおもしろいサッカーをするチームがあるのかと思ってもらえるようなサッカーをして勝ち上がりたいです。

藤原仁誠 選手(リベルテSC)
決勝戦では 2得点できて嬉しいです。全国大会でも僕が得点をとってチームを引っ張っていきたいです。練習を頑張って、ドリブルをもっと磨いて、リベルテにしかできないサッカーを見せたいです。 全国大会では、キャプテンとしてチームのみんなにどんどん声をかけて、プレーでもチームのみんなの支えになれるように頑張ってチーム一丸で勝ち上がります。

優勝 リベルテSC
準優勝 助任サッカークラブ
3位 / 4位 松茂スポーツ少年団サッカー部 / 井川FC1997
努力賞 井川FC1997
グッドマナー賞 徳島FCリベリモ

  • 準優勝:助任サッカークラブ

  • 3位:松茂スポーツ少年団サッカー部

  • 4位:井川FC1997

開催期間

中央大会

2017年11月4日(土)〜11月25日(土)

決勝会場

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP