btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

石川県

初優勝を目指した両チーム、激闘の末Riopedra加賀FCU-12Aが栄冠に輝く

Riopedra加賀FC U-12 A 2-1(前半1-0) 旭丘フットボールクラブ

決勝は準々決勝、準決勝共に7点を入れて勢いに乗り、強力なフォーワードを擁するRiopedra加賀FC U-12 Aと、6年生の2名と5年生が中心で粘り強くディフェンスをする旭丘フットボールクラブの戦いとなりました。

健やかな秋空が広がる中、観客席は試合前から両チームの応援団や多くの観戦者が詰めかけ、寒さを吹き飛ばす熱気の下で試合はキックオフ。 開始早々の2分、Riopedraがコーナーキックを得て、東選手が蹴り込んだボールを、フォアサイドにいた吉丸選手が頭で押し込み先制点を奪いました。 その後は旭丘も寺下選手にボールを集め、幾度かゴールを脅かしますが、ゴールポストに弾かれるなど得点には至りません。Riopedraもこれまでドリブル力で得点を重ねてきた吉丸選手や、我戸選手にボールを集めますが、旭丘の持ち前の粘り強いディフェンスでその後の追加点を許さず、前半を1-0で折り返します。

後半も前半同様、一進一退の攻防を続けますが、10分にRiopedra吉丸選手が得意のドリブルで抜け出すと、ペナルティエリア内で旭丘のディフェンスのタックルがファウルとなり、PKを獲得。吉丸選手が強烈なキックを左サイドに突き刺し、Riopedraにとって待望の追加点を奪いました。 その1分後、旭丘も中盤で奪ったボールを丁寧につなぎ、ワンタッチでディフェンスの裏に抜け出した寺下選手がGKの動きを見ながら、落ち着いてゴールを決めました。2-1で旭丘は必死に同点ゴールを目指しましたが、ここでタイムアップ。

両チームともお互いに持ち味を出し、最後まで諦めずに全力を尽くしたゲームになりました。

監督・選手コメント

八嶋将輝 監督(Riopedra加賀FCU-12A)
システムや戦術にこだわりすぎず、個の技術で打開することができました。長所を伸ばして、攻撃・守備の精度を上げて全国に臨みたいと思います。

吉丸凌平 選手(Riopedra加賀FCU-12A)
改善点が多く見つかってよい経験を積むことができました。全国大会でも誰よりも楽しみたいと思います。

宮地佑京 選手(Riopedra加賀FCU-12A)
ベストコンディションで試合に臨むことができたのはゴールキーパーコーチのご指導のお陰です。全国でも実力を発揮して結果を残したいと思います。

優勝 Riopedra加賀FCU-12A
準優勝 旭丘フットボールクラブ
3位 大徳サッカースポーツ少年団A / セブン能登ジュニア
努力賞 旭丘フットボールクラブ
グッドマナー賞 大徳サッカースポーツ少年団A

  • 準優勝:旭丘フットボールクラブ

  • 3位:大徳サッカースポーツ少年団A

  • 3位:セブン能登ジュニア

開催期間

中央大会

2017年10月15日(日)〜11月5日(日)

決勝会場

松任総合運動公園陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP