JFA.jp

JFA.jp

EN
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

奈良県

ディアブロッサ高田FC U-12、雨の中激戦を制し2年連続全国へ

ディアブロッサ高田FC U-12 2-1(前半0-1) 奈良YMCAサッカークラブ

朝から激しい雨が降りしきる中、全国大会をかけた決勝は、県内最多優勝を誇るディアブロッサ高田FCと初優勝を目指す奈良YMCAの対戦となりました。

立ち上がりから前線でボールを奪い果敢に攻める奈良YMCA。ディアブロッサ高田はそのプレッシャーに圧倒され、守備の時間が続きます。その後、両者一歩も譲らず激しい打ち合いとなり、一進一退の展開となります。奈良YMCAは兎澤選手を中心にチャンスを作り、徐々にペースを掴みはじめます。前半11分、奈良YMCA 杉田選手が相手ディフェンダーからボールを奪い、強烈なミドルシュートを決め、奈良YMCAが先制しました。その後ディアブロッサ高田も村田選手を中心に反撃を開始しますが、前半は1-0で奈良YMCAがリードして折り返しました。

後半に入ってからも立ち上がりからチャンスを作るのは奈良YMCA。しかし、ディアブロッサ高田が得意のドリブルやショートパスを使って徐々にペースを掴んでいき、後半9分、右からのコーナーキックをキャプテン高田選手がヘディングで押し込み同点ゴール。勢いに乗るディアブロッサ高田は後半13分に加藤選手のロングシュートはGK西田選手に阻まれますが、その後14分にコーナーキックからまたしても高田選手のヘディングシュートがゴールに突き刺さり逆転。奈良YMCAは、最後の力を振り絞り、攻撃を仕掛けますが得点を奪うことはできず、試合終了のホイッスルが鳴り響きました。

最後まであきらめず、粘り強い戦いを見せたディアブロッサ高田が見事2年連続16回目の優勝を果たしました。試合後、すばらしい試合をした両チームの選手たちに大きな拍手が送られました。

監督・選手コメント

川上弘仁 監督(ディアブロッサ高田FC U-12)
前半少し硬くなって攻め込まれましたが、後半はディアブロッサらしさを出すことが出来ました。この学年は大舞台に強く、今回も大事な場面でキャプテンがしっかりと決めてくれました。全国大会でも全員攻撃、全員守備で頑張ります。

高田竜成 選手(ディアブロッサ高田FC U-12)
全員攻撃、全員守備で戦うことが出来ました。ヘディングが得意で、大事な場面で2点取れてうれしかったです。感謝の気持ちを持ち、全国大会でも優勝出来るように頑張りたいです。

大平青空 選手(ディアブロッサ高田FC U-12)
先制点を許し、自分がチームを救うためにゴールを決めたかったけど、キャプテンが決めてくれたので良かったです。全国大会ではみんなで圧倒するようなプレーをしたいです。

押本叶翔 選手(ディアブロッサ高田FC U-12)
相手はパスワークが良く、グラウンドもスリップしやすい状態だったので止めるのが難しかったです。全国大会ではどんなシュートも止めたいです。

優勝 ディアブロッサ高田FC U-12
準優勝 奈良YMCAサッカークラブ
3位 ディアブロッサ高田FC B / フルジェンテ桜井
努力賞 フルジェンテ桜井
グッドマナー賞 ディアブロッサ高田FC B

  • 準優勝:奈良YMCAサッカークラブ

  • 3位:ディアブロッサ高田FC B

  • 3位:フルジェンテ桜井

開催期間

中央大会

2017年11月4日(土)~11月18日(土)

決勝会場

奈良県立橿原公苑陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー