JFA.jp

JFA.jp

EN
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

和歌山県

海南フットボールクラブジュニア、初の全国大会出場が決定!

海南フットボールクラブジュニア 3-0(前半0-0) H.L.Pデポルターレ和歌山フットボールクラブジュニア

小雨の降りしきる中、海南フットボールクラブジュニアのキックオフで試合は始まりました。立ち上がりからH.L.P.デポルターレ和歌山フットボールクラブジュニアが前線からの積極的な守備で、海南FCの攻撃力を奪い試合を優位に進めます。海南FCは、防戦一方でしたが、攻めあぐむデポルターレのボールを奪うと、素早いクサビのボールを入れたりサイドへ展開するなど攻撃に転じますが、デポルターレの守備に阻まれ決定的な場面を作ることが出来ませんでした。目まぐるしく攻守が入れ替わり、両チームとも無得点で前半を終わります。

後半、依然小雨が降ったり止んだりする中、前半同様に前線からプレスをかけるデポルターレに対して、海南FCは守備から攻撃に移るスピードが速くなり、デポルターレのDFの背後へのボールも多くなります。25分、自陣でボールを奪い、すかさず守備の人数が少なくなったデポルターレのDFの背後へパス、前川選手にパスが繋がるとドリブルで仕掛け、サポートに来た松井選手に横パスをします。パスを受けた松井選手がドリブルからシュートを放ちゴールが決まり先制点をあげます。

失点をしたデポルターレは、得点を奪おうと一層前線への圧力を強めますが、1点目と同じ様に海南FCがボールを奪ってからの素早い攻撃で、デポルターレのDF背後を狙う攻撃を展開。パスを受けった前川選手がドリブルで仕掛けてシュートを放ち31分に得点をする。一方デポルターレは、決定的なチャンスに、滝本選手がシュートを放ちますが、海南FCのGK橘選手のファインプレーでゴールを阻まれます。その後36分、再び海南FCの素早い攻撃で、前線の前川選手にパスが繋がりDFを交わしてシュートを放ち得点します。最終的には、3-0のスコアでしたが、最後まで、自分たちのサッカーをしようと試合終了のホイッスルが鳴るまで、全力で戦った両チームの白熱した一戦となりました。

優勝した海南フットボールクラブジュニアは、初出場で、全国大会で決勝トーナメント進出を目指します。

監督・選手コメント

橘寛之 監督(海南フットボールクラブジュニア)
クラブ創設、初の全国大会出場となります。優勝するまでにも沢山対戦して頂いたチームの皆様方サポートをして頂いた皆様のおかげでここまで来られました。感謝を忘れずに全国でも頑張ります。

澤田蒼志 選手(海南フットボールクラブジュニア)
優勝できてうれしい!!練習通り出来たので全国大会でも一致団結して、頑張ります。

前川陽祐 選手(海南フットボールクラブジュニア)
優勝できてうれしい。最後まであきらめずにプレーしたので得点できた。みんなで頑張りました。
全国大会でも得点を取りたい。

優勝 海南フットボールクラブジュニア
準優勝 H.L.Pデポルターレ和歌山フットボールクラブジュニア
3位 / 4位 スポーツクラブ和歌山ヴィーヴォU-12まつえ / 貴志川サッカースポーツ少年団
努力賞 H.L.Pデポルターレ和歌山フットボールクラブジュニア
グッドマナー賞 スポーツクラブ和歌山ヴィーヴォU-12まつえ

  • 準優勝:H.L.Pデポルターレ和歌山フットボールクラブジュニア

  • 3位:スポーツクラブ和歌山ヴィーヴォU-12まつえ

  • 4位:貴志川サッカースポーツ少年団

開催期間

中央大会

2017年11月12日(日)~11月26日(日)

決勝会場

上富田スポーツセンター

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー