btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

高知県

宿毛FCが20年ぶり2度目の優勝、全国への切符を手に

宿毛FC 2-0(前半1-0) 佐川サッカースクール

11月19日(日)晴天の中、高知県立春野総合運動公園球技場にて行われた「第41回全日本少年サッカー大会 高知県大会」の決勝は宿毛FCと佐川サッカースクールの対戦となりました。

開始早々、宿毛FCのキャプテン濱口選手がゴールを狙うも枠を捉えることができません。対する佐川SSも市原選手が開始1分にも満たない中、豪快なドリブルからミドルシュートを放ちますがわずかにゴールバーの上に外れ得点とはなりません。前半11分、佐川SSのパスをインターセプトした宿毛FC三好選手が一人を抜き去り、それに反応した古座選手へタイミング良く正確なパスを送りますが、佐川SSの守備に阻まれます。前半13分、佐川SSのGK湯澤選手からキック一本でFWのテクニックのある伊藤選手にパスを送るとタイミング良く動いた森選手にすかさずパス、素早くシュートを放ちますが枠の外。両チーム一歩も譲らない展開から前半18分に試合が動きます。宿毛FC濱口選手からの佐川SS陣内のスペースへのパスに素早く反応した宿毛FC古座選手がペナルティー内にドリブルで持ち込み強烈なシュート。このボールが佐川SSのゴールネットを揺らし得点を奪い、宿毛FC1点リードで前半を折り返します。

後半に入ると3分、宿毛FC瀬戸選手が相手パスをインターセプトし、古座選手へ絶妙なスルーパス。これをペナルティエリアへ持ち込み倒れながらもシュートを放ったのが得点となり、宿毛FCが2点のリードとなります。追う佐川SSは攻め込むも宿毛FCの堅い守りに得点できず、そのまま試合終了のホイッスルが鳴り響きます。

「第41回全日本少年サッカー大会 高知県大会」の決勝は、宿毛FCが2対0で20年ぶり2度目の優勝となり全国への切符を手にしました。

監督・選手コメント

黒岩県一郎 監督(宿毛FC)
集中して試合に入れ、いい時間帯での先取点。
苦しい時間帯でも失点せず、戦う気持ちを続け、プレー出来たことが良い結果となりました。
全国大会では予選で戦った仲間たちの気持ちを闘志に変え全力でプレーをします。

濱口達也 選手(宿毛FC)
決勝戦で、古座健太郎君が2点も決めてくれてよかった。
全国大会では、みんなが心を一つにして、がんばりたいと思います。
これからも、しっかり練習してがんばりたいと思います。

古座健太郎 選手(宿毛FC)
初戦からみんなが集中して、試合をしたので勝てました。
決勝では2点を決めたので、そのいきおいでがんばりたいです。

瀬戸晴空 選手(宿毛FC)
決勝では、2点取れ、全員が心を1つにできたので良かったです。
全国では、優勝目指して、がんばりたいです。

優勝 宿毛FC
準優勝 佐川サッカースクール
3位 / 4位 伊野ライジングFC / スポーツ少年団春野FC
努力賞 スポーツ少年団春野FC
グッドマナー賞 十津三里FCスポーツ少年団

  • 準優勝:佐川サッカースクール

  • 3位:伊野ライジングFC

  • 4位:スポーツ少年団春野FC

開催期間

中央大会

2017年11月3日(金・祝)~11月19日(日)

決勝会場

高知県立春野総合運動公園陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP