btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

岩手県

MIRUMAE・FC・U-12、無失点優勝で11回目の全国大会へ

グルージャ盛岡ジュニア 0-3(前半0-0) MIRUMAE・FC・U-12

気温9℃、雨の中で行われた決勝は、全国大会初出場を目指すグルージャ盛岡ジュニアと3年ぶり11度目の優勝を目指すMIRUMAE・FC・U-12の対戦となりました。

グルージャ盛岡ジュニアは、決勝までの5試合で高い攻撃力で勝ち上がり、一方のMIRUMAE・FC・U-12は決勝に至るまで失点ゼロで試合を勝ち抜いてきました。

試合は、立ち上がりから両チームの激しい球際の攻防と攻守の切り替わりが速い展開が続き、互いに集中しチャンスを作るものの、前半は得点には至りませんでした。

後半開始直後、試合が一気に動きます。ゴール前へのボールがこぼれ球になったところをMIRUMAE・FC・U-12吉田選手が拾い、冷静にシュートを決め、待望の1点が入ります。

その後、徐々に勢いがついてきたMIRUMAEと流れを変えたいグルージャ盛岡、両チームの攻防が続くかと思われた中、MIRUMAE・FC・U-12高橋選手がCKを頭で合わせ2点目。

反撃したいグルージャ盛岡ジュニアはボールを追い、球際でこぼれ球を拾い、ドリブルで両サイドからの攻撃を仕掛けますがMIRUMAE・FC・U-12の金澤選手を中心とした堅い守備に阻まれます。

さらに細かくパスをつなぎ、両サイドからゴールに迫り終盤も攻撃の手を緩めない姿勢を貫くMIRUMAE・FC・U-12は遠藤選手が左からのクロスを豪快にダイビングヘッドで合わせ、追加点を奪います。

このまま試合は終了し、3-0でMIRUMAE・FC・U-12が今大会無失点で全国大会出場を決めました。

雨のなか最後まで全力を尽くして戦う両チームの選手たちに、多くのサポーターから温かく、そして熱い声援が送られました。

監督・選手コメント

工藤幹太郎 監督(MIRUMAE・FC・U-12)
前半はGKを中心とした相手の堅い守備の前に思い通りのプレーは出来ませんでしたが、試合全体を通じて全員で走って守備を頑張って得た全国大会の切符だと思います。今後も次の中学生というステージに向けた良い経験となるように取り組んでいきたいです。

遠藤颯也 選手(MIRUMAE・FC・U-12)
前線から守備を頑張ることができ、最後には得点を取ることもできました。支えてくれている両親に感謝することを忘れずに、全国大会でも活躍出来るように努力をしていきます。

高橋範好 選手(MIRUMAE・FC・U-12)
僕はチームの中で一番下手なので、一番声を出して、一番走ろうと思い試合に臨みました。コーナーキックからのヘディングシュートは気持ちでゴールを決めました。全国大会出場は決めたけど、また初心に戻ってしっかりとした日常生活を送り、練習を頑張りたいです。

優勝 MIRUMAE・FC・U-12
準優勝 グルージャ盛岡ジュニア
3位 / 4位 水沢ユナイデットFC・イースト / 花巻銀河Jr.F.C
努力賞 水沢ユナイデットFC・イースト
グッドマナー賞 大宮ジュニアーズFC

  • 準優勝:グルージャ盛岡ジュニア

  • 3位:水沢ユナイデットFC・イースト

  • 4位:花巻銀河Jr.F.C

開催期間

中央大会

2017年10月15日(日), 10月22日(日)

決勝会場

岩手県営運動公園陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP