btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

宮崎県

PK戦までもつれた決勝戦 、太陽宮崎SCが初の全国大会へ

太陽宮崎SC 1-1(前半0-0、後半0-0、延長前半0-1、延長後半1-0、PK3-2) ヴェントノーバフットボールクラブ

ヴェントノーバフットボールクラブ対太陽宮崎SCとなった決勝は、どちらが勝っても初優勝となる対戦となりました。ヴェントノーバFCは初の決勝進出。対する太陽宮崎SCは3回目の決勝進出となりました。

試合の主導権を握ったのはヴェントノーバFC。前半2分、皆川選手が得意のドリブルからゴール前に絶妙なパスを送り、決定的な場面を作りますが、シュートミスによりゴールネットを揺らすことが出来ません。

前半10分、吉山選手がフリーキックから積極的にゴールを狙いますが、太陽宮崎SCのGK河野選手がファインセーブ。太陽宮崎SCは前半5分、9分と積極的に選手交代を行い流れを変えたいところでしたたが、前半のシュート数でも、ヴェントノーバFC 6本に対して太陽宮崎SCは1本にとどまります。

後半は一進一退の攻防となりますが、決定的なチャンスを作ったのは太陽宮崎SC。11分、藤村選手がスルーパスから抜け出しシュートを放ちますが枠を捉えることが出来ません。互いにシュートを放ちますが、両チームともゴールネットを揺らすことが出来ず。決着がつかずに延長戦となりました。

延長前半4分ヴェントノーバFC皆川選手が、得意のドリブルで右サイドから切り込みゴール右隅にシュートを決め、均衡を破りました。

延長後半1分、今度は太陽宮崎SC有川選手がミドルシュートを放ち、DFにあたってコースが変わり、ゴールに吸い込まれ、太陽宮崎SC同点ゴールとなります。結局、延長戦でも決着がつかずPK戦となりました。

両チーム2人目までは成功。3人目先行のヴェントノーバFCの選手がクロスバーに当てて万事休すかと思われましたが、太陽宮崎SC 3人目の選手のシュートをヴェントノーバFC GK内之八重選手が、右に飛んで弾き返しました。

ヴェントノーバFC 4人目の選手のキックはクロスバーを越え、太陽宮崎SC 4人目の選手はしっかり決めて試合終了。初の全国大会への切符を手にしました。

監督・選手コメント

清水寿郎 監督(太陽宮崎SC)
今大会ディフェンスが良く頑張れたと思います。なかなか得点は取れなかったですが、我慢する時間が長く選手が辛抱強く頑張れた所が、優勝につながったと思います。全国大会では、精一杯サッカーを楽しんでチーム一丸となって、宮崎県の代表として頑張りたいです。

谷口陽翔 選手(太陽宮崎SC)
優勝出来てうれしいです。決勝では、全員が最後まで諦めず強い気持ちで戦えたことが良かったです。全国大会では、太陽らしくチーム一丸となって優勝目指して頑張ります。

有川翔真 選手(太陽宮崎SC)
準々決勝、準決勝では、自分のプレーが出来ず決勝の前半もうまく出来なかった。後半では、しっかりディフェンスをして攻撃にも積極的に参加して諦めずに頑張り点を決めることができたのでうれしかったです。全国大会では、一戦一戦集中して優勝したいと思います。

優勝 太陽宮崎SC
準優勝 ヴェントノーバフットボールクラブ
3位 高鍋FC / プレジールFC
努力賞 プレジールFC
グッドマナー賞 高鍋FC

  • 準優勝:ヴェントノーバフットボールクラブ

  • 3位:高鍋FC

  • 3位:プレジールFC

開催期間

中央大会

2017年11月3日(金・祝)~11月19日(日)

決勝会場

宮崎県総合運動公園サッカー場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP