btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

大分県

ドリームキッズサッカークラブ、試合終了間際の逆転弾で劇的な初優勝

ドリームキッズサッカークラブ 2-1(前半0-0) 判田サッカースポーツ少年団

前半
序盤からドリームキッズは8番佐藤選手・10番吉岡選手を中心にドリブルで突破を図り、判田は10番吉良選手にボールを集め、ゴールを目指す展開。
両チーム共に厳しいファーストディフェンスで対応し、互いに決定機を作れないまま前半終了。

後半
先にリズムを掴んだのはドリームキッズ。
開始直後から立て続けに8番佐藤選手・9番山下選手がサイドからカットインしてロングシュートを放つもゴールには繋がらない。
後半8分、判田が一瞬のスキをついて8番永田選手がダイレクトにセンタリングしたボールをフリーになった10番吉良選手が左足で合わせ先制。
失点したことにより、さらに攻撃の姿勢を強めたドリームキッズは8番佐藤選手・10番吉岡選手を中心にドリブルからシュートまで行くが、ゴールには繋がらない。
後半15分、ついにドリームキッズ10番吉岡選手がペナルティエリア内をドリブル突破し、ゴール左に流し込み同点に追いつく。
ドリームキッズはその後も攻め続け、20分に13番安藤選手が中盤のルーズボールを拾い、強烈なロングシュートをゴールに突き刺して逆転に成功。
直後に試合終了のホイッスルが鳴り2-1でドリームキッズが初優勝を飾った。

監督・選手コメント

酒井祐三 監督(ドリームキッズサッカークラブ)
後半に失点した時は負けるかな…との思いがよぎりましたが、まだ時間があるので自分たちの得意なドリブルで得点を目指すよう選手に伝えました。その後、同点、初めての逆転弾、と期待に応えてくれた選手たちに感激しました。全国大会では得意なドリブルがどれだけ通用するか試してみたいです。

吉岡拓海 選手(ドリームキッズサッカークラブ)
ぼくが同点ゴールを決めることができて良かったです。1点取られてあわてている時にかんとくがおちついてプレイしろと言ってくれました。全国大会ではゆうしょうしたいです。

優勝 ドリームキッズサッカークラブ
準優勝 判田サッカースポーツ少年団
3位 カティオーラフットボールクラブ U-12 / 別府フットボールクラブ・ミネルバU-12
努力賞 緑丘サッカースポーツ少年団
グッドマナー賞 判田サッカースポーツ少年団

  • 準優勝:判田サッカースポーツ少年団

  • 3位:カティオーラフットボールクラブ U-12

  • 3位:別府フットボールクラブ・ミネルバU-12

開催期間

中央大会

2017年11月5日(日)~11月26日(日)

決勝会場

大分スポーツ公園だいぎんサッカー・ラグビー場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

決勝

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP