btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

滋賀県

アミティエSC草津が4年ぶり2度目の全国大会出場

アミティエSC草津 5-1(前半2-0) 大原サッカースポーツ少年団

大原サッカースポーツ少年団のキックオフで試合開始となり、立ち上がりから両者ともボール際での激しい攻撃が続きました。7分、アミティエSCは上坂選手のコーナーキックから上林選手のシュートでネットを揺らし、先制点をとります。中盤でのボールの奪い合いが続くなか、19分には岡田選手のパスから上坂選手がシュートを放って2点目を取り、アミティエSCが2-0で折り返します。

後半に入り、22分には中盤からのアミティエSC・上林選手のドリブル突破によるシュートが決まり、3-0とリードを広げます。34分、上坂選手のパスから上林選手がシュートを放ち、4-0。36分には、34分と同様に上坂選手のパスから上林選手がシュートを打ち、5-0とします。上坂選手と上林選手のコンビネーションプレーを見せつけるようなプレーが続きますが、あきらめない大原は38分、奥村選手のゴールで1点を返します。

刻一刻と時間が進むなか必死のプレーが続けられ、ついには試合終了のホイッスルが鳴り、アミティエSC草津が4年ぶり2度目の全国大会出場を決めました。滋賀県代表を決めるにふさわしい白熱した決勝となり、試合後は応援団からの大きな拍手が両チームに送られました。

監督・選手コメント

蓑方直輝 監督(アミティエSC草津)
厳しい試合が続いた県大会でしたが、選手たちが試合を通して成長したことで全国大会への切符を掴み取ることができました。全国大会でも、選手たちが成長していけるように一戦一戦を大切に闘っていこうと思います。

竹山心 選手(アミティエSC草津)
滋賀県大会ではPK戦など苦しい戦いが多かったですが、勝ち切ることができました。この戦いを通して、選手一人一人の気持ちがより強くなったと思います。全国大会では、ミスを恐れず、強い気持ちを持ってチャレンジし続けます。

上林広翔 選手(アミティエSC草津)
決勝で点を決めることができて嬉しかったです。県大会ではチーム一丸となって最高の結果が出せたので、全国大会でも全国から集まった強豪を相手に、今までやってきたことを全て出しきって、優勝目指して全力で戦います。

上坂楓磨 選手(アミティエSC草津)
準決勝、決勝では自分の持ち味を出し、シュートも決まって、優勝することができてめちゃくちゃ嬉しかったです。この大会では6得点で終わりましたが、全国大会ではそれ以上の点数を入れたいです。チーム一丸となって優勝を目指します。

優勝 アミティエSC草津
準優勝 大原サッカースポーツ少年団2
3位 / 4位 びわサッカースポーツ少年団 / 北野サッカークラブ
努力賞 大原サッカースポーツ少年団
グッドマナー賞 びわサッカースポーツ少年団

  • 準優勝:大原サッカースポーツ少年団

  • 3位:びわサッカースポーツ少年団

  • 4位:北野サッカークラブ

開催期間

中央大会

2017年11月18日(土)~11月25日(土)

決勝会場

野洲川歴史公園サッカー場 ビックレイク

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP