btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

埼玉県

大宮アルディージャジュニア 4年ぶり5回目の全国大会出場

大宮アルディージャジュニア 2-1(前半2-1) 江南南サッカー少年団[A]

大宮アルディージャジュニアと江南南サッカー少年団[A]の対戦となった決勝戦。今シーズンは他の公式戦では対戦がなく、初の対戦となりました。

試合は大宮アルディージャジュニアのキックオフで始まり、開始1分、大宮アルディージャジュニアのセットプレーからの初シュートが得点となるスタートとなりました。互いに球際が激しい試合となるなか、江南南サッカー少年団[A]の9番・木村選手が相手ゴールに向かうドリブルからシュートを打つものの、ゴールは奪えません。すると10分、大宮アルディージャジュニア10番・種田選手が左サイドをドリブルで切り込むと、ゴール前に走り込んだ7番・古川選手が合わせ追加点を決めました。前半終了間際には、江南南サッカー少年団[A] は、ロングスローから頭で合わせ、ゴール前の混戦から執念でゴールネットを揺らし、前半を2-1で終えます。

後半に入ると江南南サッカー少年団[A]は、開始から猛攻撃を仕掛けて相手ゴールへ迫りますが、大宮アルディージャジュニアのGK1番・下田選手を中心とするDF陣が体を張った固い守備を見せ、ゴールを奪う状況にはなりません。その後、大宮アルディージャジュニアは、グラウンドを広く使ったサイドからの攻撃、江南南サッカー少年団[A]は中央からの迫力ある攻撃で、互いが追加点を狙う一進一退の攻防が続きます。しかしゴールネットを揺らすことはなく試合終了のホイッスルが鳴り、激戦に終止符が打たれました。

この結果、大宮アルディージャジュニアが2-1で勝利し、4年ぶり5度目の全国大会出場を決めました。

監督・選手コメント

森田浩史 監督(大宮アルディージャジュニア)
埼玉県代表として、一つでも上を目指して、アルディージャらしいサッカーを表現できるように頑張ります。

真壁拓海 選手(大宮アルディージャジュニア)
全国大会もチーム一丸となって優勝を目指します。

市原吏音 選手(大宮アルディージャジュニア)
現状に満足せず、全国大会でも優勝を目指して頑張ります。

古川大洋 選手(大宮アルディージャジュニア)
全国大会でも埼玉県代表として頑張ります。

優勝 大宮アルディージャジュニア
準優勝 江南南サッカー少年団[A]
3位 レジスタFC[A] / ダイナモ川越東FC
努力賞 レジスタFC[A]
グッドマナー賞 ダイナモ川越東FC

  • 準優勝:江南南サッカー少年団[A]

  • 3位:レジスタFC[A]

  • 3位:ダイナモ川越東FC

開催期間

中央大会

2017年11月12日(日)~11月19日(日)

決勝会場

埼玉スタジアム 第2グラウンド

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP