btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

愛知県

名古屋グランパスU-12、2年ぶり8回目の全国大会出場を決める

名古屋グランパスU-12 3-0(前半2-0) グランパスみよし

名古屋グランパスU-12は大量得点で、一方のグランパスみよしはフェルボール愛知との接戦を制し決勝に進出しました。

9月に行われた愛知県内の公式大会準決勝では先制点を奪いながらグランパスみよしに逆転負けを喫した名古屋グランパスU-12。その雪辱を晴らす決勝では攻守にわたり気迫のこもったプレーが目立ちました。

前半7分、名古屋グランパスU-12のロングパスがグランパスみよしの右サイド奥深くに出されました。グランパスみよしのGKが処理しようとしたところを名古屋グランパスU-12の新山選手がボールを奪い佐藤選手へパスを送ります。これを佐藤選手が冷静にシュートを決め先制点を奪います。

その後、一進一退でゲームが進みましたが、名古屋グランパスU-12は16分、那須選手のスルーパスに反応した佐藤選手がシュートを放ちました。一度はブロックされましたが、跳ね返りを押し込み2点目を奪います。前半2-0のリードで折り返しました。

後半の開始早々、名古屋グランパスU-12の那須選手が追加点を奪い3-0となりました。その後、グランパスみよしも猛攻をかけますが名古屋グランパスU-12も集中を切らすことなく終了のホイッスル。名古屋グランパスU-12が勝利し2年ぶり8回目の全国大会出場を決めました。両チームとも気持ちの入った決勝にふさわしい内容の試合でした。

監督・選手コメント

高橋和幸 監督(名古屋グランパスU-12)
9月の敗戦からの再スタート。リベンジするべく一致団結して頑張ろうと挑んだ全日本少年サッカー大会でした。敗戦後は得点力を上げるためにゴール前の練習を重点的に取り組んできました。決勝では選手たちが気持ちを前面に出して戦ってくれました。全国大会に出場することが出来てうれしく思っているとともに、ほっとしています。全国大会では笑顔を忘れず、一つでも上にいけるよう頑張ります。

野田愛斗 選手(名古屋グランパスU-12)
いつも以上に気持ちの入った試合で決勝を勝つことが出来てうれしいです。全国大会までしっかり練習して優勝したいです。

岩田怜大 選手(名古屋グランパスU-12)
決勝で2点取ることが出来てうれしいです。シュート練習をしてきた結果だと思います。全国大会でもシュートを決めてチームの勝利に貢献したいです。

優勝 名古屋グランパスU-12
準優勝 グランパスみよし
3位 SC豊田東 / FCフェルボール愛知
努力賞 SC豊田東
グッドマナー賞 FCフェルボール愛知

  • 準優勝:グランパスみよし

  • 3位:SC豊田東

  • 3位:FCフェルボール愛知

開催期間

中央大会

2017年11月5日(日)~11月26日(日)

決勝会場

パークアリーナ小牧

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP