btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

岡山県

Jフィールド津山SC、岡山県内大会で四冠を達成し全国大会へ

Jフィールド津山SC 2-1(前半1-1) ファジアーノ岡山U-12

決勝戦は、ちゅうぎんカップ5年生大会(チビリンピック県予選)、シティライトカップ(中国フジパンカップ県予選)、バーモントカップ(フットサル県予選)に続き四冠を目指すJフィールド津山SCと、J2ファジアーノ岡山の下部チームとして発足3年目で初の決勝戦へと進出したファジアーノ岡山U-12の対戦となりました。

前半はJフィールド津山SCのキックオフで始まり、開始早々のコーナーキックから、ゴール前のこぼれ球をJフィールド津山SCの4番・北山選手が決め、開始30秒で先制します。3分には、ファジアーノ岡山U-12の10番・東選手からのパスを受けた11番・金本選手がシュートするものの、Jフィールド津山SCのGK1番・廣瀬選手がセーブします。攻守が激しく変わるなか、7分、ファジアーノ岡山U-12は中盤の混戦からのこぼれ球を拾った11番・金本選手がドリブルから左足でシュートを決め同点とします。一進一退の攻防の中、ファジアーノ岡山U-12は9本、Jフィールド津山SCは8本のシュートを打つも互いに決めきれず、1-1のまま前半を折り返します。

互いにメンバー交代もなく、ファジアーノ岡山U-12のキックオフで後半がスタートします。22分、Jフィールド津山SCがコーナーキックのチャンスを得るも、7番・中島選手のシュートは枠の外へ。25分、フリーキックを得たファジアーノ岡山U-12、キッカーの5番・勝部選手のシュートはクロスバーを直撃しゴールにはなりません。前半同様、互いに譲ることなくハードワークが繰り返される中、29分、Jフィールド津山SCの11番・日笠選手が左サイドから突破してゴール前へクロスを入れると、走り込んだ10番・大谷選手がきっちりとシュートを決め2-1とリードします。その後も両チームは攻撃を緩めず、積極的にゴールを目指すも、GKを含めた守備に阻まれ、互いにゴールを決めることができないまま試合終了。この結果、2-1でJフィールド津山SCが勝利し、全国大会への出場を手にするとともに、岡山県内大会で四冠を達成しました。

監督・選手コメント

田渕幸一 監督(Jフィールド津山SC)
決勝戦では選手たちが自信を持ち、自分たちのサッカーを確実にできたことが勝利につながりました。全国大会は初出場ですが、上位進出を目指して頑張ります。

大谷奏 選手(Jフィールド津山SC)
決勝で決勝点を取ることができて嬉しいです。相手を自由にさせず、攻撃の際も守備のことも頭に入れながらプレーし、チームのために走りました。全国大会までの1ヶ月間は集中して練習し、意識を上げながら全国大会に臨みたいと思います。優勝を目指して頑張ります。

北山蒼人 選手(Jフィールド津山SC)
初戦から順調に勝ち進んできましたが、決勝戦は厳しい試合でした。試合開始早々にゴールを決めることができて良かったです。チームにも勢いがつき、全国大会出場を決めることができました。全国大会に向けてしっかり練習して、優勝を目指したいです。

優勝 Jフィールド津山SC
準優勝 ファジアーノ岡山U-12
3位 / 4位 オオタFC / 勝間田FC
努力賞 勝間田FC
グッドマナー賞 オオタFC

  • 準優勝:ファジアーノ岡山U-12

  • 3位:オオタFC

  • 4位:勝間田FC

開催期間

中央大会

2017年11月19日(日)~11月25日(土)

決勝会場

岡山県総合グラウンド(シティスタジアム)

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP