btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

静岡県

清水エスパルスU-12清水が初出場、初優勝を遂げる!

掛川JFC89 0-5(前半0-2) 清水エスパルスU-12清水

試合は立ち上がりから動きました。開始1分、エスパルス清水のコーナーキックは、ニアポストに蹴られたボールが直接ゴールに吸い込まれ、先制点を奪います。掛川JFCが集中しきれていない中、意外な形で均衡が破られます。

試合の流れをつかんだエスパルス清水は立て続けに2点目を奪い、試合を優位に進めます。

掛川JFCは守備陣から前線にロングボールを送り、個の技術でゴールを奪いにかかりますが、ゴール前にかける人数が少なく、得点には至りません。

エスパルス清水は選手個々のボールを扱う技術が高く、プレーの選択肢も豊富で、終始自分たちのペースでゲームを進めます。

エスパルス清水は後半にも得点を重ね、結果、5-0でエスパルス清水が勝利、12月の決勝大会の切符を掴みました。

監督・選手コメント

渡辺誠 監督(清水エスパルスU-12清水)
エスパルスジュニアの一期生として大会に参加し、いろいろな重圧があった中で選手たちはいつも通りのプレーを表現し優勝できたことは選手たちの成長を感じられました。全国大会という成長出来る機会を勝ち取れたことは非常にありがたいことと同時に、静岡県の代表として責任感を持って全国大会を戦いたいと思います。

田村天 選手(清水エスパルスU-12清水)
苦しい時間帯もあったけれど、乗り越えて優勝できてとても嬉しいです。全国大会で力を発揮し優勝できるように大会までしっかりとトレーニングしたいと思います。

福地瑠伊 選手(清水エスパルスU-12清水)
決勝でハットトリック出来たことはチームメイトが良いパスを出してくれたおかげです。全国大会でも味方とコンビネーションを高めてたくさん得点できるように頑張りたいです。

優勝 清水エスパルスU-12清水
準優勝 掛川JFC89
3位 オイスカFC / 清水エスパルスU-12三島
努力賞 静岡中田サッカースポーツ少年団
グッドマナー賞 カワイ体育教室サッカークラブ

  • 準優勝:掛川JFC89

  • 3位:オイスカFC

  • 3位:清水エスパルスU-12三島

開催期間

中央大会

2017年11月19日(日)~11月26日(日)

決勝会場

藤枝総合運動公園陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP