btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

長崎県

V・ファーレン長崎が接戦を制して全国へ

V・ファーレン長崎U-12 2-0(前半1-0) 長崎ドリームFCジュニア

長崎県大会の決勝は、昨年準優勝の長崎ドリームFCジュニアと昨年3位のV・ファーレン長崎U-12の対戦となり、両チームともに昨年の雪辱に燃えた決勝に相応しい戦いとなりました。

前半序盤は両チームともに丁寧にパスを繋いで落ち着いたゲーム展開でスタートします。お互いにマイボールを大切に繋ぎながら相手の一瞬の隙を狙い合う、一進一退の実力の拮抗した序盤戦になりました。

前半12分にV・ファーレン長崎の喜多選手が中盤をドリブルで突破して、そのボールを右サイドで受けた伊藤選手がゴール前にボールを持ち込み、落ち着いて右足でシュートを決めてV・ファーレン長崎が先制。その後は両チームともに得点を奪えずV・ファーレン長崎の1点リードのまま前半が終了しました。

後半も開始序盤からV・ファーレン長崎がドリブルやロングキック等を駆使してゲームを有利に進めますが、長崎ドリームFCもゴール前で体を張った必死の守りで相手に得点を許さない展開が続きます。

しかし後半18分、V・ファーレン長崎の城山選手が相手のクリアミスを拾って冷静に相手ゴールに流し込んで追加点。

その後、長崎ドリームFCも最後まで諦めずに相手ゴールを目指しますが得点できず。

そのまま試合終了となり、V・ファーレン長崎が2対0で勝利して全国大会出場を決めました。

両チームともに最後まで全力でプレーする白熱した決勝となり、試合終了後は会場から両チームに対して大きな拍手が送られました。

監督・選手コメント

小森田友明 監督(V・ファーレン長崎U-12)
今日の大きな勝因としては、今までの試合では決めるべきところでなかなかゴールが決まりませんでしたが、決勝では、決めるべきところで決められたことが一番大きかったです。日々の練習では、試合において選手自身で判断をし、ゴールに結びつけられるように、ということを言っていました。
全国大会では、結果よりも選手たちに満足してもらえるような試合展開にしていきたいです。

伊藤小次郎 選手(V・ファーレン長崎U-12)
試合が始まる前は、自分の最初のゴールで優勝を決めてやるんだという気持ちで試合に臨みました。そして、みんなが繋いでくれたボールを自分で決められてとてもうれしかったです。全国大会では、一戦一戦悔いの残らないように、みんなで声を出して、優勝できるように頑張っていきたいと思います。

優勝 V・ファーレン長崎U-12
準優勝 長崎ドリームFCジュニア
3位 JFCレインボー長崎 / キックスフットボールクラブU-12
努力賞 JFCレインボー長崎
グッドマナー賞 キックスフットボールクラブU-12

  • 準優勝:長崎ドリームFCジュニア

  • 3位:JFCレインボー長崎

  • 3位:キックスフットボールクラブU-12

開催期間

中央大会

2017年11月11日(土)~11月23日(木・祝)

決勝会場

トランスコスモススタジアム長崎

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP