btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

沖縄県

激闘の末、大山SCが逆転初優勝で全国大会出場へ!

大山SC 3-2(前半1-0) 比屋根FC

朝の秋雨で肌寒く、曇り空となった決勝戦は、2年連続の全国大会出場を狙う比屋根FCと初優勝を目指す大山SCの対戦となりました。会場には両チ-ムの応援団、観戦者が詰めかけ、試合前から熱気を帯びていました。

6月のフットサル大会決勝戦でも顔を合わせた両チ-ム。試合開始前から1点を争う好ゲ-ムが予想されました。試合は立ち上がりから激しい攻防戦となり、素早いプレスをかけて奪ったボ-ルを前線に素早くつなげる比屋根FCに対し、パスを正確につなぎ、サイドから攻撃を展開する大山SCが好機をつかみました。

前半12分、オウンゴ-ルで大山SCが先制します。後半に入ると試合の主導は比屋根FCへ。59分、60分と右サイドから比屋根FCのMF徳村莉温選手が立て続けに得点を決めて2-1 と逆転します。しかし残り時間も少ない中、最後まで諦めなかった大山SCは85分、MF當山大輔選手がクリアボ-ルをとらえて同点ゴールを押し込みます。86分、大山SCは途中出場のFW島袋湧翔選手が中央を突破し、ゴ-ル前では右足で合わせて勝負を決めました。その後も比屋根FCの猛攻に耐えた大山SCが大逆転で勝利し、嬉しい初優勝で全国大会の切符を手にしました。

最後まで白熱した試合を見せた両チームの健闘をたたえ、会場からは大きな拍手が送られました。

監督・選手コメント

宮城潤 監督(大山SC)
見ている人に楽しんでもらえるような試合ができれば負けないと選手に言い聞かせ、試合に臨みました。初めての全国大会、チーム一丸となって楽しんでいきたいと思います。

幸喜祐心 選手(大山SC)
チーム全員が最後まで諦めなかったことが優勝につながりました。最後の1点は、仲間が決めてくれると信じてパスを出したので、とても嬉しかったです。 全国大会では1点1点を大切にして優勝を目指したいです。

當山大輔 選手(大山SC)
同点ゴールを決められてとても嬉しかったです。全国大会では厳しい試合になると思いますが、決勝トーナメントに進出し、優勝を目指したいです。

優勝 大山SC
準優勝 比屋根FC
3位 / 4位 Wウィング沖縄JFC / 宇栄原FC
努力賞 Wウィング沖縄JFC
グッドマナー賞 宇栄原FC

  • 準優勝:比屋根FC

  • 3位:Wウィング沖縄JFC

  • 4位:宇栄原FC

開催期間

中央大会

2017年11月4日(土)~11月11日(土)

決勝会場

糸満市西崎運動公園陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP