JFA.jp

JFA.jp

EN
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

三重県

FC.アヴェニーダソルU12、6年ぶり2回目の全国大会へ

FC.アヴェニーダソルU12 2-1(前半2-1) 大山田サッカースポーツ少年団

桑員地区シード突破の大山田サッカースポーツ少年団と1日目から大会参加の阿山地区FC.アヴェニーダソルU12の戦いとなりました。試合前の独特な雰囲気が広がる中、決勝戦の幕が開きました。立ち上がりは互いに激しいボールの奪い合いで試合のペースをつかみにかかります。

互いに一歩も譲らない展開が続く中、前半11分、アヴェニーダソルは 藤森選手が中盤でインターセプト。パスを受けたサイドの桑木選手が、相手をかわしてペナルティエリア前に送ると粂野選手を経由して駆け上がってきた岡角選手につながり、フリーで打ったシュートがGKの手をかすめてそのままゴールし1-0とします。

その後、同点ゴールを狙う大山田は立て続けに攻撃を繰り出しますが、アヴェニーダソルは、相手コーナーキックのこぼれ球を 岡角選手が拾い、前線で待ち構える粂野選手へスルーパス。これを相手と競り合いながらシュートを決めて追加点を奪い2-0とします。

前半終了間際、大山田が一矢を報います。

中盤から谷選手からタイミングよく相手DFの背後に抜け出した南部選手へのスルーパスが通り、シュートをゴールに突き刺し、2-1とします。このまま前半が終了し、2-1で折り返します。

後半は、大山田が怒涛の攻撃を繰り広げますが、中盤からゴール前にかけてアヴェニーダソルは体を張ったディフェンスでゴールを許しません。時間が刻一刻と過ぎていき、大山田の猛攻もむなしくそのまま2-1で試合終了のホイッスル。試合終了と同時に泣き崩れる大山田の選手とアヴェニーダソルの選手の嬉し涙から試合への熱い思いが覗えました。

FC.アヴェニーダソルは6年ぶり2回目の全国大会出場となりました。

監督・選手コメント

薮中一真 監督(FC.アヴェニーダソルU12)
まず始めに、最後までクラブを応援してくださったクラブ関係者の皆様、大会に参加しているチーム関係者の皆様、大会運営に携わっていただいた皆様に深く御礼申し上げます。
選手が自分たちの可能性を信じて準備してきた力が十二分に発揮された試合になったと思います。これに満足することなく、三重県代表として恥じないよう全国大会でも戦っていきます。

浅野颯人 選手(FC.アヴェニーダソルU12)
タフな試合となりましたが、チーム一丸となって戦うことが出来た結果だと思います。
お母さんやお父さんに結果という形で恩返しが出来て良かったです。
全国大会でも、いい試合が出来るようにしっかり準備をして挑みます。

粂野慈和 選手(FC.アヴェニーダソルU12)
決勝の舞台で貴重なゴールを決めることが出来てとてもうれしいです。
大山田の選手は技術が高く、ボールを簡単に取れなかったけれど、チームで粘り強くボールを奪うことが出来て良かったです。全国大会でもゴールを決めれるように頑張りたいです。

優勝 FC.アヴェニーダソルU12
準優勝 大山田サッカースポーツ少年団
3位 F.Cこもの / 長太ヤングキッカー
努力賞 大山田サッカースポーツ少年団
グッドマナー賞 F.Cこもの

  • 準優勝:大山田サッカースポーツ少年団

  • 3位:F.Cこもの

  • 4位:長太ヤングキッカー

開催期間

中央大会

2017年11月5日(日)~11月26日(日)

決勝会場

三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 メイングラウンド

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー