btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

千葉県

柏レイソルU-12が2年ぶり17度目の全国大会出場

柏レイソルU-12 3-1(前半0-1) 市川FCレーベ

10月22日(日)白井陸上競技場で行われる予定だった決勝は、台風の影響で順延となり、11月3日(金)秋晴れの下、日立柏サッカー場で行われました。

試合は、序盤から柏レイソルU-12が細かいパスをつないで攻め上がり、対する市川FCレーベは高い位置でボールを奪って速攻を仕掛けるという展開でした。先制したのは市川FCレーベです。13分、相手のパスミスをカットし、ゴール正面でボールを持ったMF元持太希選手が冷静に流し込んで貴重な先制点を手にしました。柏レイソルU-12は主将のMF別府慧選手を中心に攻撃を組み立てましたが、市川FCレーベの体を張った粘り強い守りの前に、前半はゴールを奪うことができませんでした。しかし、柏レイソルU-12は後半開始直後の22分、MF青木空斗選手が放ったシュートが一度はポストにはね返されましたが、再び青木選手がゴールに押し込んで同点としました。すると24分にはゴール正面でパスを受けたDF太田隼剛選手がゴール右隅に決めて逆転に成功。さらに30分には、太田選手がセンターライン付近からロングシュートを放つと、ボールは相手ゴールキーパーの頭を越えてゴールに吸い込まれました。柏レイソルU-12は、太田選手のこの日2得点目となる技ありのゴールで追加点を挙げました。一方、市川FCレーベはMF加瀬広河選手やFW宇井春真選手が果敢にシュートを放ってゴールを狙いますが、惜しくも枠を捉えられず。試合は一進一退の攻防が続きましたが、試合終了のホイッスルが鳴り、激戦に終止符が打たれました。この結果、柏レイソルU-12が3-1で勝利し、2年ぶり17度目の全国大会出場を決めました。

監督・選手コメント

根引謙介 監督(柏レイソルU-12)
1点を先制されましたが焦らずに、冷静に自分たちのプレーができました。普段から練習しているコンビネーションプレーで相手の守備を崩せたのが大きかったと思います。全国大会では一つ一つ勝って、出場するからには優勝を目指したいです。

別府慧 選手(柏レイソルU-12)
先制されましたが、自分たちが勝って全国に行くんだという強い気持ちを持ってプレーしました。前半は少し焦りがありましたが、後半は自分たちのサッカーができました。全国大会でも優勝したいです。いつもの練習通りにプレーして日本一を狙いたいと思います。

太田隼剛 選手(柏レイソルU-12)
普段から相手GKの位置を見てプレーしています。この試合でもポジションを確認して冷静にゴールを狙うことができました。常にフリーになったらゴールを狙っています。全国大会でもいろいろな場所からシュートを放って、ゴールを決めたいです。

優勝 柏レイソルU-12
準優勝 市川FCレーベ
3位 Wings U-12TOP / CIイレブン
努力賞 市川FCレーベ
グッドマナー賞 Wings U-12TOP

  • 準優勝:市川FCレーベ

  • 3位:Wings U-12TOP

  • 3位:CIイレブン

開催期間

中央大会

2017年10月1日(日)~10月22日(日)

決勝会場

白井陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP