btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

福島県

アストロンFC、激闘を制し4年ぶり6度目の優勝を勝ち取る

アストロンFC 0-0(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-0、PK3-1) 会津サントスFCジュニア

直前まで降っていた小雨も試合開始時には上がり、時折、雲間から差し込む日差しが、決勝戦の開始を今か今かと待ちわびているサポーターの熱気と相まって、独特の緊張感を醸し出していました。

試合はアストロンFCのキックオフでスタート。前半の立ち上がりは両チームとも緊張からか硬さが目立ち、縦への長いボールの応酬となりました。最初に決定機を作ったのは会津サントスFCジュニア。前半5分を過ぎた頃から中盤で細かいパスが繋がるようになり、徐々にゴール前に迫って試合のペースを掴み掛けますが、アストロンのディフェンスラインを崩すまではいきません。10分を過ぎた頃からは、徐々にアストロンのペースになり、ゴール前に侵入する回数が増えていきました。ただこちらも、サントスの体を張った守備の前に得点を奪うことはできません。互いに守備意識が高く、大きなチャンスは少ないまま前半を終了します。

後半の立ち上がりも前半同様の展開で、互いに遠目からのシュートは打てるものの、相手を崩してゴール前に侵入することができずに時間だけが進んでいきます。数少ない得点機を迎えるものの、決めきれずに延長戦に突入します。延長に入ってからも、ゴール前まで持ち込めずにいましたが、延長前半終了間際には、アストロンのシュートをサントスのGK渡部史也選手が好セーブ。GKが弾いたボールにつめてシュートを放つもゴールはつながりません。その直後、サントスの選手がゴール前にドリブルで侵入しシュートを放ちます。体勢を崩しながら放ったシュートはミートせず、これは決めることができませんでした。延長戦後半も、一進一退の膠着状態のまま進行し、終了間際にアストロンがCKのチャンスを得ますが、サントスがクリアして終了、PK戦に入ります。終了直前に、アストロンはPK戦に備えてGKの交代を行いました。

PK戦は、1人目は両者ともに決め、2人目に。先攻アストロンが決め、後攻のサントスのキックをアストロンのGK高木選手がセーブします。そして決めれば勝ちの3人目、緊張感が漂うなか、アストロンFCが見事に決め、4年ぶりの全国大会出場を手にしました。守備意識が高く、ファウルも少ない息の詰まるような戦いに対し、試合後は会場から両チームに大きな拍手が送られました。

監督・選手コメント

高田泰樹 監督(アストロンFC)
4年前の決勝戦でも決着がつかずにPK戦で敗退しているだけに、またかという思いもありましたが、決勝までで2度のPK戦を乗り越えていただけに選手たちは冷静にしっかりと決めてくれました。勝因は大会前に県内外のチームとの強化試合で、猪狩歩望の成長により守備力が安定したことです。会津サントスは攻撃力があるチームだけに全員で我慢をする時間を増やし、黒澤豪選手のカウンターでの得点!というゲームプランを立てていました。PK戦にも強いので、勝ちパターンとして思い通りの形になりました。

黒澤豪 選手(アストロンFC)
県大会は初戦から苦しい戦いばかりでしたが、粘り強く守備をし、そこからのカウンターを武器に得点を重ね、決勝まで勝ち進んできました。決勝ではチーム全体が良い状態で試合に臨むことができ、強敵相手に勝利することができて嬉しかったです。残りの時間でもっと練習を積んで、全国大会も優勝目指して頑張ります。

猪狩歩望 選手(アストロンFC)
決勝では相手にドリブル、パスのうまい選手が多かったので、最終ラインをなるべく下げないように前からの守備を心がけました。自分の裏へのパスが怖かったですが、GKとの連携やオフサイドもとれたので、相手のチャンスを潰すことができて良かったです。PK戦では一番最初に蹴って緊張しましたが、今大会三回目でしたので入れる自信がありました。全国大会では、レベルの高い選手をガッツリおさえて、アストロン旋風を吹かせたいです。

高木謙心 選手(アストロンFC)
PK戦になるかもしれないと思い、父と一緒に、今までのビデオを何回も全て見返して研究をし、毎晩自宅の庭でダイビングキャッチの練習を積み重ねてきました。その成果が出て、キーパーとしてチームを守ることができて本当に嬉しいです。11月は嬉しい思いと悔しい思いをたくさんしたので、12月の全国大会では試合開始からチームをしっかり守れるように、毎日全力で努力します。

優勝 アストロンFC
準優勝 会津サントスFCジュニア
3位 / 4位 ビアンコーネ福島U-12 / バンディッツいわきFC U-12
努力賞 ビアンコーネ福島U-12
グッドマナー賞 バンディッツいわきFC U-12

  • 準優勝:会津サントスFCジュニア

  • 3位:ビアンコーネ福島U-12

  • 4位:バンディッツいわきFC U-12

開催期間

中央大会

2017年11月12日(日)~11月23日(木・祝)

決勝会場

郡山西部サッカー場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP