JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > メディカル > 医学委員会

医学委員会

医学委員会とは

医学委員会は、日本サッカー協会に属する選手・指導者・審判の健康管理、メディカルチェック、障害予防と治療、サッカー現場での救急処置はもちろん、アンチ・ドーピングや栄養に関する事項について、教育と啓発を行いながら、医学面でのサポートを主に行っています。

JFA医学委員会メンバー

  • 池田 浩

    [委員長]

    池田 浩
    IKEDA Hiroshi
    (M.D./Ph.D)
    順天堂大学医学部整形外科 / 保険医療学部理学療法学科

  • 大塚 一寛

    [委員]

    大塚 一寛
    OHTSUKA Kazuhiro
    (M.D./Ph.D)
    上尾中央総合病院 スポーツ医学センター長

  • 加藤  晴康

    [委員]

    加藤  晴康
    KATO Haruyasu
    (M.D./Ph.D)
    立教大学コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科

  • 島田 和典

    [委員]

    島田 和典
    SHIMADA Kazunori
    (M.D./Ph.D)
    順天堂大学大学院医学研究科循環器内科学

  • 立石 智彦

    [委員]

    立石 智彦
    TATEISHI Tomohiko
    (M.D./Ph.D)
    同愛記念病院 関節鏡・スポーツセンター

  • 谷 諭

    [委員]

    谷 諭
    TANI Satoshi
    (M.D./Ph.D)
    東京慈恵会医科大学脳神経外科

  • 土肥 美智子

    [委員]

    土肥 美智子
    DOHI Michiko
    (M.D./Ph.D)
    国立スポーツ科学センターメディカルセンター

  • 前田 弘

    [委員]

    前田 弘
    MAEDA Hiroshi
    日本代表チーム チーフアスレティックトレーナー
    (日本体育協会公認アスレティックトレーナー)

  • 宮川 俊平

    [委員]

    宮川 俊平
    MIYAKAWA Shumpei
    (M.D./Ph.D)
    筑波大学体育科学系

  • 森川 嗣夫

    [委員]

    森川 嗣夫
    MORIKAWA Tsuguo
    (M.D./Ph.D)
    千葉メディカルセンター

医学委員会傘下の部会、プロジェクトについて

下表の部会・プロジェクトにて各事項の取り組みを行っています。

部会/プロジェクト名所管事項
Jリーグチームドクター部会
  • (1) Jクラブ所属選手の健康管理、傷害予防及び救急処置に関する事項
  • (2) トレーナーに対する上記(1)の教育及び普及に関する事項
  • (3) Jリーグ主催の試合及び大会における医事管理に関する事項
  • (4) Jリーグチームドクター会の開催に関する事項
栄養サポート部会
  • (1) 栄養に関する事項
  •  ・JFA栄養ガイドラインの作成
  •  ・育成年代から各年代代表チームに至るまでの栄養サポートの実施
アンチ・ドーピング部会
  • (1) アンチ・ドーピングに関する事項
  •  ・アンチ・ドーピングの正しい知識を選手、指導者、選手支援者へ提供
  •  ・世界大会に直結するすべてのリーグでのドーピング検査の計画
  •  ・指導者養成講習会、リーグ新人研修会、Jリーグチームドクター会等講習会やホームページを利用してドーピングに関する情報の提供
  •  ・アンチ・ドーピング活動に係る体制の整備
  •  ・FIFA、AFC、JADAと協力連携し、ドーピングに関する情報の迅速な収集と適切な対応を実施
  •  ・JISSで行っているドーピング検査の研究に協力し、選手への身体的・精神的な負担の少ないドーピング検査の確立
スポーツ救命プロジェクト
  • (1) 救急救命に関する事項
  •  ・スポーツ救命講習会の更新講習会のカリキュラム検討
  •  ・スポーツ救命講習会の講師/インストラクターの養成
  •  ・スポーツ救命講習会および簡易講習会(「JFA+PUSH講習会」、「PUSH講習会」)の定期開催化
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー