btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

愛媛県

FCゼブラキッズ、激戦を制し初優勝。初の全国大会へ。

FCゼブラキッズ 4-3(前半1-1) F.C.川之江jr.

小雨が降り、少し肌寒い天候の下、最高のコンディションのピッチでパスを正確につないでゴールを目指すゼブラキッズと、丁寧なサッカーで、ドリブル突破で相手を崩す川之江との決勝戦となった。

川之江は立ち上がり2分、ゼブラキッズのパスをカットし、カウンターから左サイドに展開、磯崎選手がドリブルで切り込みシュートを放つと、キーパーがはじいたところを大西選手がつめてゴールネットを揺らし先制点を奪います。

ゼブラキッズも大野選手を中心に右サイドから攻撃を仕掛けますが、川之江のディフェンス陣がしっかりと選手をマークし、プレッシャーをかけ、自由にはシュートを打たせない展開となります。その後もゼブラキッズ北野選手がミドルシュートを打つも得点には至りません。

川之江もインターセプトからカウンターでゼブラキッズのゴールに迫るもシュートまでは至らず。

同点に追いつきたいゼブラキッズは前半19分、ゴール前でフリーキックのチャンスを迎えます。大野選手がゴール前にクロスを上げ、宮内選手が頭で押し込み同点に追いつきました。

後半に入ると、両チームともに優勝したいという気持ちを全面に出し、激しい点の取り合いとなりました。25分にはゼブラキッズの右サイド北野選手からパスを受けた宮内選手がキーパーをかわし得点、逆転に成功します。勢いに乗るゼブラキッズは、26分にも北野選手からのパスを受けた大野選手がドリブル突破からシュートを決めてリードを広げます。

諦めない川之江は32分、中央でパスを受けた三好選手が巧みなドリブルからシュート、ゴールを決め1点差に迫ります。勢いづいた川之江は36分に篠森選手からのクロスを上岡選手がシュート、見事に決まり同点とします。このまま延長戦になるかと思われた40分、ゼブラキッズは得意のパスワークから最後は北野選手のパスを受けた大野選手がゴール左隅に正確に決め、これが決勝点となり、ゼブラキッズが初の全国大会の栄冠を手にしました。

監督・選手コメント

向井洋輔 監督(FCゼブラキッズ)
優勝出来て嬉しいです。いつもは頼りない選手たちも優勝という一つの目標に向かって頑張っている姿が今日は頼もしく見えました。全国大会では、ゼブラらしく戦い、愛媛県代表としてがんばりたいと思います。

大野晃政 選手(FCゼブラキッズ)
優勝出来て嬉しいです。最高のチームです。勝ちたいという気持ちで点を取ることができました。全国大会では負けたチームの分まで戦い、優勝したいです。

宮内陸杜 選手(FCゼブラキッズ)
優勝出来てとても嬉しいです。いつもヘディングは外すことが多かったですが、今日は気持ちで押し込んで点が取れて良かったです。全国大会では1次リーグを突破し、ベスト16を目指したいです。

優勝 FCゼブラキッズ
準優勝 F.C.川之江jr.
3位 / 4位 大西キッカーズ / 新谷サッカースポーツ少年団
努力賞 F.C.川之江jr.
グッドマナー賞 大西キッカーズ

  • 準優勝:F.C.川之江jr.

  • 3位:大西キッカーズ

  • 4位:新谷サッカースポーツ少年団

開催期間

中央大会

2017年11月23日(木・祝)~11月26日(日)

決勝会場

新居浜市市営サッカー場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP