btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA Youth & Development Programme (JYD)

「JFA2005年宣言」の理念とビジョンに基づき、継続的な日本サッカーの発展のためにさらなる普及や次世代選手の育成を促進することを目的としたプロジェクトです。
パートナー企業4社とJFAは共に手を取り合い、ユース年代のみならず、大学、シニア、女子、フットサル、ビーチサッカー、技術関連事業まで、日本サッカーの基盤を支える重要な各領域において、さまざまな施策を講じています。


JFA Youth & Development Programme (JYD) パートナー企業

JFA Youth & Development Programme (JYD) 対象事業

JFA Youth & Development Programme (JYD)国内競技会開催事業

国内競技会開催事業

JFA Youth & Development Programme (JYD)トレセン関連事業 [技術関連事業]


JFA Youth & Development Programme (JYD)指導者養成事業 [技術関連事業]


JFA Youth & Development Programme (JYD)JFAアカデミー [技術関連事業]


JFA Youth & Development Programme (JYD) アンバサダー
北澤豪 さん

北澤豪 さん(公益財団法人日本サッカー協会理事・フットサル・ビーチサッカー委員長/一般社団法人日本障がい者サッカー連盟会長/JICAオフィシャルサポーター)
これまで様々なかたちでサッカーに関わってきましたが、今の日本サッカーには危機感と大きな可能性を感じています。裾野が広がり優秀な選手・指導者が育成され、各大会を充実させることによりレベルアップや参加者が増えるなど、JFAユース&ディベロップメントプログラムによって、危機感が回避されるものと確信しています。このプログラムに参加する選手たちは、自らが世界で戦うという強い意志を持って臨んでほしいと思います。


永里優季 選手

永里優季 選手(1. FFCフランクフルト/ドイツ)
ユース年代の育成、女子サッカーの未来について自分なりに何ができるのかを考えているときに、このJFAユース&ディベロップメントプログラムのアンバサダーのお話をいただきました。ドイツで女子サッカーは誰でも一度は経験するスポーツとして日常であり文化となっています。残念ながら日本では競技人口もまだまだ少なく、環境も整っていません。これから日本の文化にもサッカーを根付かせていかないとユースの育成にも繋がらないと思っています。このプログラムを通じてユース世代の育成に一端を担えるべく頑張ります。

JFA.jp SITEMAP