btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

鹿児島県

太陽SC、3年ぶり3回目の全国大会へ

太陽スポーツクラブU-12 5-0(前半1-0) FCアラーラ鹿児島

6月の県大会を制し,今大会も優勝候補筆頭と評される太陽SCと、個々のテクニックに優れる強豪FCアラーラの決勝戦となりました。

ゲーム序盤の前半3分、太陽SCキャプテン川崎選手のパスを受けた石原選手が左サイドから持ち込み、そのままゴールを決めます。その後は、勢いにのった太陽SCが猛攻を仕掛けますが、FCアラーラも粘り強く守り、なんとかこれを凌ぎます。前半は太陽SCが1点リードで折り返しました。

後半も開始早々から太陽SCが優位にゲームを進めます。流れるようなパスワークから後半3分石原選手、4分野上選手、6分谷崎選手が立て続けにゴールを決め4点をリードします。FCアラーラもセットプレーからキャプテン福岡選手のヘディングシュートでゴールに迫りますが、太陽SCのゴールキーパー古垣選手の守るゴールを割ることができません。

この後さらに1点を加えた太陽SCが5対0でアラーラ鹿児島をくだしました。

多くの県トレセン・地区トレセン選手を擁し、今年度県内では絶対王者として存在感を示している太陽SCが、鹿児島県代表として地元鹿児島県で開催される全国大会へ出場することとなりました。

監督・選手コメント

久保健 監督(太陽スポーツクラブU-12)
決勝戦でもいつも通り臨めたことが良かったと思います。
前半は相手の守備がよく、1点しか奪えませんでしたが、やり続ければ点を取れると信じていました。
3年前の全国大会では、1次リーグ敗退でしたので今回は地元鹿児島でいい成績を残せるようがんばりたいです。

川崎楽生 選手(太陽スポーツクラブU-12)
前から、相手にプレスをかけられて気持ちが入ったプレーができたことがよかったです。
地元開催の大会なので、自分たちのプレーを信じて最後まで力一杯がんばります。

石原澄海 選手(太陽スポーツクラブU-12)
いい状態で決勝戦に進めて、いい時間帯に点数を決めることができたことが勝ちにつながったと思います。
全国大会でもいい状態で出て、得点したいです。

優勝 太陽スポーツクラブU-12
準優勝 FCアラーラ鹿児島
3位 FC加治木 / カルチャトーレJr
努力賞 FCアラーラ鹿児島
グッドマナー賞 FC加治木

  • 準優勝:FCアラーラ鹿児島

  • 3位:FC加治木

  • 3位:カルチャトーレJr

開催期間

中央大会

2017年11月12日(日)~11月23日(木・祝)

決勝会場

鹿児島県立サッカー・ラグビー場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP