btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

香川県

丸亀フットボールクラブが接戦を制し、7度目の全国大会へ!

丸亀フットボールクラブ 2-0(前半1-0) DESAFIO CLUB DE FUTBOL

香川県大会決勝は、3年ぶり7度目の優勝を狙う丸亀FC(県リーグ1部2位)と昨年準優勝で悲願の初優勝を狙うDESAFIO(県リーグ1部3位)の戦いになりました。

前半は、両チームとも激しいボールの奪い合いの中、一進一退の攻防が繰り広げられます。徐々に丸亀FCの選手が球際の攻防を有利に展開する運びになり、連動した攻撃でDESAFIOのゴール前に迫る場面を増やします。劣勢に立たされたDESAFIOは丸亀FCの背後を積極的に狙い、DFラインを高く保ちながらチャンスを狙います。0-0のままハーフタイムを迎えると思われた前半終了間際、丸亀FCのGK猪谷選手がパントキックしたボールが、DESAFIOの高く保ったディフェンスラインの背後に通り、すかさずスペースに走り出した勝田選手が、DESAFIOのGK三木選手の頭上を狙ったループシュートを決め、丸亀FCが先制しました。

後半、1点を追うDESAFIOは高い位置からボールを奪いに行き、松原選手を中心とした攻撃で丸亀FCの背後を突きチャンスを作りますが、丸亀FCのGK猪谷選手の好守もあり、なかなかゴールを奪えず時間が過ぎていきます。すると35分、丸亀FC勝田選手が相手センターバックのボールを奪いドリブル突破しながら、右サイドから上がってきた上甲選手にパス。上甲選手の走り込みながらのダイレクトシュートがニアサイドに決まり、追加点を挙げます。それでもDESAFIOは最後まで得点を奪おうと攻撃し、また丸亀FCはさらなる追加点を狙います。両チームとも1点を取ろうと見ごたえのある攻防が続きますが、そのまま試合は終了、観客席からは両チームへ大きな拍手が送られました。

3年ぶり7度目の優勝に輝いた丸亀FCは、全国大会でスピード感のある攻守に連動したプレーが期待されます。

監督・選手コメント

奥田勉 監督(丸亀フットボールクラブ)
決勝は選手たちの非常に高い集中力で勝つことができたと思います。
ただ、内容としては準決勝でうまくいったことが決勝ではできなかったので、来月の全国大会までに修正したいと思います。

西森大輔 選手(丸亀フットボールクラブ)
とても仲がよくて面白いこのチームで、香川県代表として全国大会に出場できることを嬉しく思います。
今年は香川県代表が選手宣誓をすると聞いていたので、春から絶対に全国大会に出たいと思っていました。
選手宣誓の言葉は自分で考えて、しっかり努めたいと思います。

勝田慎之介 選手(丸亀フットボールクラブ)
県リーグではDESAFIOに負けていたので、今日は絶対に勝とう!と思って試合に出ました。
先制点を決めることができてとても嬉しかったです。
全国大会では上位目指して頑張ります。

上甲那由汰 選手(丸亀フットボールクラブ)
(得点シーンは)自分が決める、と思って上がっていきました。決めることができて良かったです。
そのあとは、さらにもう1点取れば絶対勝てるという気持ちで最後までプレーしました。
全国大会ではたくさん点を取って活躍したいです。

優勝 丸亀フットボールクラブ
準優勝 DESAFIO CLUB DE FUTBOL
3位 / 4位 FCディアモジュニア(F) / 香東川サッカークラブ
努力賞 USS高松Jr.
グッドマナー賞 香南サッカースポーツ少年団

  • 準優勝:DESAFIO CLUB DE FUTBOL

  • 3位:FCディアモジュニア(F)

  • 4位:香東川サッカークラブ

開催期間

中央大会

2017年11月5日(日)~11月26日(日)

決勝会場

香川県総合運動公園サッカー・ラグビー場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP