btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

山形県

悲願の初出場を懸けた白熱した決戦アバンツァーレ山形SCが優勝

アバンツァーレ山形SC 3-1(前半1-1) 米沢フェニックス

今年度の山形県大会決勝戦は、3度目の決勝進出となったアバンツァーレ山形SCと、昨年PK戦の激闘の末に決勝で涙を飲んだ米沢フェニックスが駒を進めました。共に初優勝、全国大会初出場のかかった決戦は、晴れ間が広がる絶好の天気の下でキックオフを迎えた。

立ち上がりに両チームとも堅さは無く、植松選手を中心にボールを支配してチャンスを伺うアバンツァーレ山形SCと、縦パスを防いでFWの金子選手を走らせ、一気にチャンスを作る米沢フェニックスがお互いに良さを出すスタートでした。

開始1分、アバンツァーレ山形SCのコーナーキックのチャンスをDF木下選手がタイミング良く合わせて先制。その後植松選手の突破とスルーパスから多くのチャンスを生み出しますが、米沢フェニックスもGK大石選手の好セーブでゴールを割らせません。山形フェニックスも譲らず、隙を見てカウンターを繰り出す拮抗した展開が続きました。

前半13分、対応が遅れたGKとDFが交錯したミスを逃さず、米沢フェニックス原選手が待望の同点ゴールを奪い、両者譲らず前半を1-1で折り返しました。

後半、均衡を破ったのはアバンツァーレ山形SCでした。後半10分、相手陣内でボールを奪った植松選手が2人を交わし、PAの外からゴール隅にシュートを決め、2-1で待望の追加点が生まれました。

その後は米沢フェニックスの追撃を許さず、後半17分にまたも植松選手が相手ゴール前中央で相手をひきつけ、空いたスペースにパス、走りこんだ庄司選手が強烈なシュートを放ち、試合を決定づける3点目を決め、試合はここで終了。アヴァンツァーレ山形SCが初優勝しました。敗れた米沢フェニックスもGK大石選手を中心に必死に食らいつき、見どころの多い好試合となりました。

監督・選手コメント

垂石竜志 監督(アバンツァーレ山形SC)
3度目の挑戦でやっと決勝大会に出場することが出来ました。今日は、前半は緊張していたけど後半はボールが動いて良かった。決勝大会では、後半の部分をもっと出せるように練習して臨みたいです。

手塚琉惺 選手(アバンツァーレ山形SC)
優勝して嬉しいです。練習の中で厳しく出来たのでメンタルの部分も鍛えられ、決勝の舞台でも最後までやり切ることが出来ました。

植松駿太 選手(アバンツァーレ山形SC)
優勝して今までにないくらい嬉しいです。2点目が決まった時は、試合中だったけど嬉しくて思わず泣いてしまいました。全国大会でも頑張ります。

優勝 アバンツァーレ山形SC
準優勝 米沢フェニックス
3位 / 4位 鶴岡jr.FC / 山形FCジュニア
努力賞 米沢フェニックス
グッドマナー賞 鶴岡jr.FC

  • 準優勝:米沢フェニックス

  • 3位:鶴岡jr.FC

  • 4位:山形FCジュニア

開催期間

中央大会

2017年10月14日(土)~11月12日(日)

決勝会場

山形市球技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP