btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

秋田県

心をひとつに、本荘南が初の全国大会へ

本荘南サッカースポーツ少年団 1-0(前半1-0) Bright Smile Sports Club Espelt

全国大会をかけた決勝は、U-12リーグ戦を含め、ここまでお互いに1勝1敗2分けと互角の勝負を繰り広げてきた同地域のチーム同士の戦いとなりました。

前半、最初のシュートはエスペルド。その後4分、本荘南はからシュート。その流れからエスペルドはカウンターでシュートまで持ち込むなど一進一退の攻防が続きます。その中で12分、キャプテン小日山滉生選手のボールキープで右サイドからのセンタリングに阿部空流苺選手がヘディングで合わせ、本城南が先制します。その後本荘南が小日山選手を中心にゴールを狙いますが、前半は1-0で終了します。

後半はエスペルドのキャプテンDF齋藤瑠璃選手、MF須田琉志選手を中心に攻撃をしかけます。10分、須田選手のミドルシュートは惜しくも枠に入りません。12分にはカウンターから須田選手のドリブルでしかけますが、シュートまで持ち込むことができません。後半終盤には1点を狙い、キャプテンDF齋藤選手を前線に上げて得点を狙いますが、本荘南も身体を張ったディフェンスでゴールを守ります。

両チームともに必死のプレーを続けますが、試合終了のホイッスルが鳴り、本荘南が1-0で勝利。初の全国大会への切符を手に入れました。

監督・選手コメント

齋藤敏幸 監督(本荘南サッカースポーツ少年団)
決勝では数少ないチャンスを選手がしっかり決めてくれました。今まで、相手チームとは互角の対戦成績だったので、今回勝てたことが非常にうれしいです。全国大会で他県のいろんなチームと試合ができることを楽しみに、これからの練習を頑張っていきたいと思います。

小日山滉生 選手(本荘南サッカースポーツ少年団)
チーム全員で声を出して、心を一つに団結できたことが優勝につながり、非常にうれしいです。全国大会がある鹿児島県でも全員で頑張っていきたいと思います。

阿部空流苺 選手(本荘南サッカースポーツ少年団)
決勝で自分の得点で勝利することが出来て、心からうれしく思います。全国大会でもいいプレーができるようにこれからの練習で頑張っていきたいです。

優勝 本荘南サッカースポーツ少年団
準優勝 Bright Smile Sports Club Espelt
3位 / 4位 飯島南FC / グリーントラスト牛島サッカースポーツ少年団
努力賞 Bright Smile Sports Club Espelt
グッドマナー賞 グリーントラスト牛島サッカースポーツ少年団

  • 準優勝:Bright Smile Sports Club Espelt

  • 3位:飯島南FC

  • 4位:グリーントラスト牛島サッカースポーツ少年団

開催期間

中央大会

2017年10月7日(土)~10月21日(土)

決勝会場

仁賀保グリーンフィールド

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP