btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

熊本県

ブレイズ熊本ジュニアがエスペランサ熊本に勝利し、全国大会出場を決める

ブレイズ熊本ジュニア 4-2(前半3-1) NPO法人スポーツクラブ・エスペランサ熊本

決勝戦は、3年ぶり5回目の優勝を目指すブレイズ熊本ジュニアと初優勝を狙うNPO法人スポーツクラブ・エスペランサ熊本の対戦となり、大応援で熱気が感じられるなかでキックオフを迎えました。

まずは前半2分、ブレイズ熊本ジュニアの4番・谷川選手が中盤でパスを受け、そのままドリブルで突破し、左足でゴール右隅へシュートを決めてブレイズ熊本ジュニアが先制します。5分にも中盤で6番・高木選手から左サイドの11番・今福選手へ繋ぎ、そのまま左サイドを突破して上げたクロスを12番の日置選手が合わせ、ブレイズ熊本ジュニアに2点目が入ります。11分には日置選手からのスルーパスを谷川選手が決めて3点目。その後、エスペランサ熊本が17分、10番・田中選手のドリブル突破から11番・新野選手へパス、冷静にシュートを決めて1点を返します。前半は、ブレイズ熊本ジュニアが3-1でリードして折り返します。

後半に入って26分、エスペランサ熊本の10番・田中選手がドリブル突破からシュート、こぼれ球を6番の柏原選手がヘディングで押し込み、2点目を決めます。その後は一進一退の攻防が続くなか33分、中盤で谷川選手から7番の鍬守選手へと繋ぎ、日置選手へラストパス。シュートはポストを叩くものの、最後は鍬守選手が押し込み、4‐2とします。その後、エスペランサ熊本もドリブルを中心に最後まで諦めず相手ゴールを目指しますが、得点できずにこのまま試合終了。ブレイズ熊本ジュニアが勝利して、全国大会出場を決めました。

監督・選手コメント

桑原太一 監督(ブレイズ熊本ジュニア)
ブレイズファミリーがたくさん応援してくれて、チームが一丸となった優勝でした。選手たちも練習通りに頑張ってくれて、狙い通りの攻撃的なサッカーができました。点差が接近した時間帯がありましたが、ああいう場面でいかに頑張るかを練習してきたので、それが発揮できてよかったです。県の代表として、上位に進出できるように頑張りたいです。

鍬守紘人 選手(ブレイズ熊本ジュニア)
本当に嬉しいです。最後まで頑張って、練習の成果が発揮できたと思います。1次リーグを突破して、全国優勝したいです。

谷川陽祐 選手(ブレイズ熊本ジュニア)
4得点中2得点できて、本当に嬉しいです。練習通りに自分にパスが集まって、積極的にゴールを狙えたので、良かったです。県の代表として、しっかりと戦っていきたいと思います。

優勝 ブレイズ熊本ジュニア
準優勝 NPO法人スポーツクラブ・エスペランサ熊本
3位 / 4位 出水サッカークラブ / FC BIGWAVE
努力賞 出水サッカークラブ
グッドマナー賞 FC BIGWAVE

  • 準優勝:NPO法人スポーツクラブ・エスペランサ熊本

  • 3位:出水サッカークラブ

  • 4位:FC BIGWAVE

開催期間

中央大会

2017年11月3日(金・祝)~11月23日(木・祝)

決勝会場

大津町運動公園球技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP