btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

山口県

SSS FCが延長戦を制し全国大会へ

SSS FC 1-0(前半0-0) レノファ山口FC U-12

決勝は、6月に行われた公式戦で優勝したSSS FCと3年連続全国大会出場を目指すレノファ山口FC U-12の対戦となりました。両チームともキックオフ直後から激しいボールの奪い合いが続き、互いに積極的にゴールを狙う展開が続きました。SSS FCは、米田選手、藤井選手、藤野選手を、レノファ山口FC U-12は、原田選手、大下選手、桑原選手を中心にチーム全員でゴールへ迫りますが、互いに得点を奪えず、0-0で前・後半を終え、延長戦に突入しました。

迎えた延長後半の立ち上がり、SSS FC米田選手の右からのクロスに、藤井選手がヘディングで合わせてゴールを決め、待望の先制点を奪いました。その後、レノファ山口FC U-12の選手が同点に追いつくため全員で激しい攻撃を仕掛け、SSS FCのゴールに迫りましたが得点を奪えません。SSS FCが延長後半に挙げた1点を守りきり、5年ぶり2回目の全国大会出場を決めました。山口県の少年サッカーをリードしてきた2チームによる決勝は、白熱したゲームとなり、会場から両チームに大きな声援や拍手が送られました。

監督・選手コメント

濱砂銀次朗 監督(SSS FC)
優勝することができ、うれしく思います。
決勝は低学年の頃からライバルチームとして、何度も対戦してきたレノファ山口でした。
前半はなかなかリズムを作ることができませんでしたが、後半に入って徐々に流れを引き寄せることができました。最後まで選手たちの運動量が落ちなかったことが勝利という結果につながったと思います。
全国大会では今まで支えて下さった方々への感謝の気持ちを持って全力で戦います。

米田百佳 選手(SSS FC)
山口県大会は普段の試合よりも緊張して、一回戦と準々決勝ではあまり点が取れませんでした。
それでもチームみんなのおかげで勝ち上がることができました。
決勝は延長まで戦いましたが最後まで守備がしっかりできていたし、コート、ベンチ、スタンドのみんなの心が一つになっていたから点が入ったのだと思います。
全国大会でもチームで気持ちを一つにして、山口県代表として全力で戦って絶対勝ちたいと思います。

藤井蒼斗 選手(SSS FC)
決勝戦ではとても緊張していましたが楽しんでやろうと思いました。
なかなか得点が決まらず焦りもありましたがみんなを信じて、一回のチャンスを必ず決めるという思いで走りました。そして、最後に決めることができて良かったです。
全国大会では守備やアシストを全力でやりゴールも決められるように頑張ります。
全国で自分の力がどこまで通用するか試すいい機会だと思っています。
チームワークの良さを十分に発揮できればと思います。

藤野玄英 選手(SSS FC)
決勝戦はみんなとても気持ちが入っていました。
前線の選手は前からハイプレッシャーをかけ、僕はセカンドボールを拾い、DFラインは敵の前 3人を抑え、GKは危ない時しっかり止め、みんながそれぞれの役割をしっかり出来たことが勝利へつながったと思います。
そして何より小さい頃から一緒に頑張ってきたSSSメンバーで優勝出来たことがうれしかったです。
全国大会では 一戦でも多く良い試合をしたいと思います。

優勝 SSS FC
準優勝 レノファ山口FC U-12
3位 / 4位 ミレニオ・アスレティッククラブ / フトゥ―ル周南フットボールクラブ
努力賞 ミレニオ・アスレティッククラブ
グッドマナー賞 レノファ山口FC U-12

  • 準優勝:レノファ山口FC U-12

  • 3位:ミレニオ・アスレティッククラブ

  • 4位:フトゥ―ル周南フットボールクラブ

開催期間

中央大会

2017年11月18日(土)~11月26日(日)

決勝会場

防府市スポーツセンター陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP