btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

福井県

大虫サッカースポーツ少年団、悲願の全国大会初出場!

大虫サッカースポーツ少年団 1-0(前半0-0) 敦賀FC・フレンズ

6月に行われた福井県U-12大会では、残念ながら決勝戦で涙をのんだ大虫サッカースポーツ少年団でしたが、全日本少年サッカー大会福井県大会では決勝に勝ち進みました。

決勝戦は試合直前に風雨のため、15分遅れでの試合開始となり、大虫SSSが立ち上がりから優位に立つ試合展開となりました。

過去に何度も決勝に進出し全国大会も経験している敦賀FC・フレンズは、冷静に相手チームの攻撃的サッカーをかわし、前半は0-0で折り返します。

後半は、両者緊張感が漂う中で、立ち上がりから両チームともにボール際での激しい攻防が続き、勢いに勝る大虫SSSが優勢に前半の勢いのまま試合をコントロールする展開となりました。

両者無得点まま、後半8分、大虫SSSが相手ディフェンスの裏にボールを蹴りこみ、ルーズボールとなった際に素早く反応した敦賀FC・フレンズのディフェンスとキーパーでしたが、不運にも互いに交錯し、こぼれ球を大虫SSS山崎選手がドリブルで持ち込み無人のゴールへと運びゴール。敦賀FC・フレンズもこの後DF選手をあげ反撃開始を試みますが、大虫SSSのプレッシャーも早く次の1点がどちらに入るかわからない一進一退の攻防が続きます。しかし、試合終了のホイッスルが鳴り、大虫SSSが念願の初優勝を飾りました。

福井県の代表を決めるにふさわしい1点を争う白熱した決勝となり、試合後、両チーム選手に大きな拍手が送られました。

監督・選手コメント

山崎誠 監督(大虫SSS)
これまで頑張り努力した選手に「やればできる」ことを証明できました。
初優勝はとても嬉しく、今後のチームにとって刺激になる結果となりました。
全国大会でも精一杯頑張りたいと思います。

渡辺祥気 選手(大虫SSS)
僕には二人のお兄ちゃんがいます。
二人とも大虫SSSで全国大会を目指していましたが夢は叶わなかったです。
でも今回、二人のお兄ちゃんの思いを叶えてあげられたこと、僕の目標が達成できたことがとても嬉しいです。
全国大会では大暴れし、大虫SSS旋風を巻き起こしたいと思います。

山﨑櫂 選手(大虫SSS)
まさか、あの場面で自分が得点できるとは思っていなかったです。
ルーズボールを拾い、相手ゴールにドリブルシュートできたことが、とても嬉しかったです。

大西慶太 選手(敦賀FC・フレンズ)
決勝で負けてしまいましが、この悔しさを絶対に忘れずに中学校に行っても頑張りたいと思います。
中学では、またみんなと一緒に全国を目指します。

優勝 大虫サッカースポーツ少年団
準優勝 敦賀FC・フレンズ
3位 / 4位 高椋サッカースポーツ少年団 / 明新ジュニアサッカークラブ
努力賞 春江サッカースポーツ少年団
グッドマナー賞 平章サッカースポーツ少年団

開催期間

中央大会

2017年10月21日(土)~11月11日(土)

決勝会場

鯖江東運動公園陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP