btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

栃木県

栃木SCジュニア、3年ぶり5回目の栄冠に輝く!

栃木SCジュニア 4-2(前半0-2) FC中村

栃木SCジュニアとFC中村の対戦となった決勝。今シーズン、他の公式戦ではFC中村が1-0と接戦を制して競り勝っており、公式戦2度目の対戦となりました。

前半開始50秒、村上選手の豪快なミドルシュートでFC中村が先制。栃木SCジュニアもゴール前でのパスワークからシュートチャンスを掴むもゴールには至りません。続いて村上選手が中央の混戦から出たボールをドリブルでゴール前まで持ち込み、ディフェンダーをかわしゴール。前半5分でFC中村が2点をリードします。一方の栃木SCジュニアは、素早いパスワークで左サイドを崩しにかかり、相手ゴールに迫るも得点をあげることができずに前半を終了します。

後半が始まると、栃木SCジュニアが怒濤の攻撃を見せます。後半3分、石川選手が左サイドからゴール右隅にシュートを決めました。後半11分には、臼井選手が中央からのパスを受け、豪快にシュート、ゴール左側に突き刺し同点としました。勢いに乗る栃木SCジュニアは後半14分、相手陣内で得たフリーキックを石川選手がゴール左隅に決め、逆転に成功します。その2分後にも、川﨑選手がシュートのこぼれ球をゴール右隅に流し込み、追加点をあげました。両チームともに相手ゴールに激しく迫り、シュートを放ちますが、ゴールキーパーのファインセーブもあり、4-2で試合終了。栃木SCジュニアが3年ぶり5回目の全国大会出場を決めました。

監督・選手コメント

金澤祐介 監督(栃木SCジュニア)
まずは選手たちを褒め称えたいと思います。前半は厳しい展開でしたが、諦めないで淡々と攻め続けることが結果に繋がると感じました。ハーフタイムには、選手たちに強い心をもつこと、弱い自分の心と戦うように伝えました。そして、攻めるためにペナルティエリアへの侵入を増やすように話しました。シュートが4本決まったことは成果ですが、パスやシュートの質を向上させていくことが、今後の課題です。全国大会では、選手たちの将来を見据えながら、結果だけでなくいい経験ができるよう選手とともに頑張りたいと思います。

石川丈慈 選手(栃木SCジュニア)
全国大会に行くことができて嬉しいです。今日の勝因は、2点とられても全員で諦めずに攻め切ったことだと思います。前半はリードされていましたが、ハーフタイムには監督から、「まだ諦める点差ではない。自信をもってプレーするように」と言われました。シュートが決まったときは、とても嬉しかったです。逆転のゴールを決めたときには、仲間から「ありがとう」と感謝されました。今回の結果に満足せずに、全国大会でもいい結果が出せるように、練習から頑張っていきたいと思います。

優勝 栃木SCジュニア
準優勝 FC中村
3位 FC VALON / TEAMリフレサッカークラブ
努力賞 FC中村
グッドマナー賞 FC VALON

  • 準優勝:FC中村

  • 3位:FC VALON

  • 3位:TEAMリフレサッカークラブ

開催期間

中央大会

2017年11月3日(金・祝)~11月12日(日)

決勝会場

さくら市総合公園さくらスタジアム

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP