btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

兵庫県

西宮SS 創部41年目の悲願の初優勝

西宮サッカースクール 3-0(前半1-0) 兵庫フットボールクラブ

共に全国大会出場を決めた後の決勝は、兵庫県トップリーグ1部1位の西宮サッカースクールと2位の兵庫フットボールクラブとの対戦となり、優勝を目指し白熱した戦いとなりました。

自力に勝る西宮SSが試合を優位に進めると前半7分、右サイドで安藤選手が得意のドリブルで突破し、中央でフリーになっていた高山選手にパスをだすと、ペナルティーエリアの外からゴール右側に強烈なシュート、決まったかと思えましたが、兵庫FCのGK小船君がファインセーブしボールが左側にこぼれます。これをゴール前までよく詰めていた西宮SSの有末選手がゴールに流し込み、西宮SSが先制点をあげました。兵庫FCもときおりカウンターでチャンスを作りますが、決定的な場面がなく前半は終了します。

後半も西宮SSが優位に試合を進めますが、追加点が奪えない時間帯が続く中、後半17分フィールド中央付近でボールを奪った西宮SSの林選手から右サイドにいた有末選手にパスが渡り、有末選手のドリブル突破からゴール前にパスを出すと、詰めていた高山選手がゴールポストに激突しながらもゴールへねじ込みました。

兵庫FCも必死になって反撃を試みますが、後半20分センターサークル付近でFKを西宮SSに与えてしまいます。西宮SSのキッカーの吉田選手が直接ゴールを狙いロングシュートを放つと、相手GKのセーブも及ばずそのままゴールインとなりました。試合はこのまま3-0で終了。西宮SSが創部41年目で初優勝となりました。

今回の決勝は、トップリーグの順位がそのまま現れた結果となりましたが、前回の全国大会で兵庫県代表のセンアーノ神戸ジュニアが優勝したことにより、兵庫県から2チームの出場が決まっていたため、敗れた兵庫FCも、2年ぶり9回目の全国大会出場となります。

監督・選手コメント

島崎久 監督(西宮サッカースクール)
兵庫県代表として、全国大会で西宮SSのサッカーをお見せします。

林奏地 選手(西宮サッカースクール)
全国優勝を目指して頑張ります。

高山駿斗 選手(西宮サッカースクール)
全国大会で思う存分に実力を発揮して、得点王と優勝を狙います。

吉田尚平 選手(西宮サッカースクール)
兵庫県を代表して、見ている人達が楽しいサッカーをお見せします。

永浜和紀 監督(兵庫フットボールクラブ / 第2代表)
2年ぶり9回目の出場です。兵庫県代表として、はずかしくない戦いができるよう頑張ります。子ども達に感謝。そして、応援してくれたみんなにも。

小船凰雅 選手(兵庫フットボールクラブ / 第2代表)
しっかりとチームが一つとなって全国大会に行きます。サッカーを続けさせてくれた親に感謝したいです。

姜樹希 選手(兵庫フットボールクラブ / 第2代表)
この経験を活かして全国大会に向けて、チームの良い点、悪い点を改善して挑みたいです。

優勝 西宮サッカースクール
準優勝 兵庫フットボールクラブ
3位 / 4位 センアーノ神戸ジュニア / 伊丹フットボールクラブジュニア
努力賞 社フットボールクラブジュニア
グッドマナー賞 伊丹フットボールクラブジュニア

  • 準優勝:兵庫フットボールクラブ

  • 3位:センアーノ神戸ジュニア

  • 4位:伊丹フットボールクラブジュニア

開催期間

中央大会

2017年11月11日(土)~11月18日(土)

決勝会場

三木防災公園 第1球技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP