btn_page_top sp_btn_page_top
第41回全日本少年サッカー大会
第41回全日本少年サッカー大会 決勝大会
[ 開会式 ] 2017/12/25(月) [ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~2017/12/29(金)
[ 開会式 ] 2017/12/25(月)
[ 競技期間 ] 2017/12/26(火)~12/29(金)

青森県

リベロ津軽SC U-12、青森FC U-12を制し全国大会出場を決める

リベロ津軽SC U-12 1-0(前半1-0) 青森FC U-12

朝からの小雨も上がり、県内屈指の強豪対決となった決勝戦。U-10年代から全ての県内タイトルを取り続けている青森FC。唯一今年6月の全日本少年サッカー大会・県予選決勝で青森FCの連勝を止めたリベロ津軽SCの全国大会への切符をかけての再戦となりました。

両チームの応援が盛り上がる中、キックオフ。両チームとも素早い出足の守備で相手に自由を与えず、攻守の切り替えの激しい序盤戦となりました。サイドを有効に使い、攻め込む青森FCが流れを掴みかけるも、前半18分この試合初めてのコーナーキックをリベロ津軽SC齋藤和博選手が、ニアでダイビングヘッドで合わせリベロ津軽SCが先制。すぐに青森FCもサイドを崩しシュートもGKのファインセーブに阻まれ、1-0で前半終了。

後半、同点ゴールを狙い、前線で圧力を増す青森FCの攻撃に対し、リベロ津軽SCは、持ち前の運動量と体を張った守備でボールを奪い、ワンタッチでリズムよくパスを回し、攻撃を仕掛けるものの追加点にはつながりません。次第に中盤でのボール支配が難しくなった青森FCは、中盤を省略して前線への縦に速い攻撃を仕掛けるも、運動量と集中力の切れないリベロ津軽SCの守備を崩すことができません。リベロ津軽SCもまた、ペナルティーアーク付近からのフリーキックを2本得るが、2本ともサイドネットでゴールならず。両チームとも必死にゴールをめざし、アグレッシブにプレーを続けましたが、ゴールは生まれないまま時間だけが過ぎていく。ついに試合終了のホイッスルが鳴り、リベロ津軽SCが1-0で勝利し、3年ぶり3回目の全国大会出場を決めました。

雲間から降り注ぐ太陽の光が、リベロ津軽SCの勝利を祝福し、全国大会での活躍を暗示しているようだった。

監督・選手コメント

佐藤峻 監督(リベロ津軽SC U-12)
試合前から良い雰囲気をチームで作れたことが勝利に繋がりました。まだまだ課題は多いですが、青森県の仲間の想いを胸に、北国の強さを全国で発揮して来たいと思います。

藤原大弥 選手(リベロ津軽SC U-12)
雰囲気良く試合に臨めて、前半終了間際の良い時間に点数を取れて良かったです。全国大会では、県予選以上に良いパフォーマンスができるように頑張ります。

齋藤和博 選手(リベロ津軽SC U-12)
前半は、点数を取ることができましたが、後半も点数を取ることができればもっと楽にゲームができるので、全国大会では、もっと点数を取れるように練習を頑張ります。

優勝 リベロ津軽SC U-12
準優勝 青森FC U-12
3位 ヴァンラーレ八戸FC U-12 / JEF HACHINOHE FC
努力賞 ヴァンラーレ八戸FC U-12
グッドマナー賞 JEF HACHINOHE FC

  • 準優勝:青森FC U-12

  • 3位:ヴァンラーレ八戸FC U-12

  • 3位:JEF HACHINOHE FC

開催期間

中央大会

2017年10月15日(日)〜10月21日(土)

決勝会場

五戸町ひばり野公園 サッカー場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • サントリー食品インターナショナル

JFA.jp SITEMAP