btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > JFA > 日本サッカー殿堂 > 日本サッカー殿堂とは

日本サッカー殿堂

日本サッカーの発展に尽力した功労者を称える「日本サッカー殿堂」。2005年5月27日、日本サッカーミュージアムにオープンし、現在、日本サッカーに貢献した多くの先駆者が掲額されています。
候補者については、「日本サッカーに永年にわたって顕著な貢献をした者」、「満60歳以上の者(物故者は含まれない)」という二つの資格要件に従い選出。さらに、プレーヤー以外で多大なる貢献をした者、委員会が特に認める顕著な活躍をしたプレーヤー、歴代会長は、特別選考として投票を行わずに候補者とし て推薦されます。
なお、掲額者の選考については、殿堂委員会からの推薦者を受け、理事会で審議、承認されます。

公益財団法人日本サッカー協会 「日本サッカー殿堂」内規

日本サッカー殿堂

公益財団法人日本サッカー協会は、日本サッカーミュージアム内に「日本サッカー殿堂」を設置する。「日本サッカー殿堂」には日本サッカーへの顕著な功労者を掲額する。その選考方法は、下記のとおりとする。

殿堂委員会
(1)理事会で委員長を選出する(任期2年)。
(2)委員長が11名以内の委員を推挙し、殿堂委員会を組織し、理事会で承認を得る(任期2年)。

候補者
殿堂委員長は殿堂委員会を招集し、下記に定める選考資格に従い、候補者名簿を作成する。
・日本サッカー界に永年にわたり、顕著な貢献をした選手
・満60歳以上(選考時)の者、ただし物故者はこの年齢基準の対象外とする。
候補者の選出基準については別に定める。

投票選考
殿堂委員会は、下記の要件をみたす者(以下投票者という)に、候補者名簿を提示し、投票により選考を依頼する。
・理事、特任理事、監事
・10年以上のサッカー報道経験があり、サッカーに対して見識あるメディア関係者
・掲額者本人
  ①投票者に10名以内の候補者名簿と投票用紙を送付する。
  ②投票者は、投票用紙に候補者が5名以内の場合は1名、6名以上の場合は2名以内の掲額に値する者を記入し、返送する。
  ③投票は記名投票とし、該当者無しの場合も有効票とする。
  ④殿堂委員会は票数を集計し、原則として投票総数の75%以上の得票者を確認し、理事会へ報告する。
  ⑤投票の結果、得票が75%未満10%以上の候補者は、次回以降の投票のための候補者名簿に3回まで掲載されるものとする。

特別選考
殿堂委員会は、資格を満たしている者のうち、下記にあたる者を「投票」を行わない候補者として理事会に推薦することができる。
・日本サッカー界の発展に顕著な貢献をした者
・歴代会長
候補者の選出基準については別に定める。
上記の規定にかかわらず、FIFA(国際サッカー連盟)またはIOC(国際オリンピック委員会)が開催する世界大会で顕著な成績を残した「チーム」を、20年以上経過した後、これを理事会に推薦することができる。

承認
理事会は殿堂委員会からの推薦名簿を受け、日本サッカー殿堂掲額の承認をする。 特別選考者については、殿堂委員会からの推薦名簿を受け、理事会が審議し、これを承認する。

その他
内規に定められていない事項については、別に定めることができる。

JFA
関連情報

JFA.jp SITEMAP