btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 選手育成 > トレセン認定制度

トレセン認定制度

1.目的

全国各地で実施されているトレセン活動の更なる質の向上を目指し、一定の基準を満たしたトレセンに対しJFAトレセン認定(以下「認定」という。)を付与することにより、管轄するサッカー協会による漏れのない選手の発掘・育成、認定された指導者を通じてのレベルの底上げとJFAの方向性・指針の発信、プレー環境の安心安全を高めることを目的とする。

2.トレセン拠点認定

基準
  • ①上位トレセン(ブロック/地区<都道府県<地域<ナショナル)へ選手が選考される仕組みがあること。
  • ②認定された指導者(チーフコーチ及びコーチ・GKコーチ)が選手選考に関わり、直接指導していること。
  • ③指導するスタッフがJFAの定めるステージ毎の「指導者ライセンス対象基準」を満たしていること。
  • ④選手数と指導者数が適性であること。
    ・U-12:選手10名に対し、指導者1名以上配置。
        ※追加でGKコーチがつくことが望ましい
    ・U-14:選手16名に対し、指導者1名以上、GKコーチ1名が必須。
    ・U-16/U-17:選手22名に対し、指導者1名以上、GKコーチ1名が必須。
  • ⑤活動における「安全・安心対策」が施されていること。

3.トレセン指導者認定

  • (1) 対象
    主催するサッカー協会の管理下のもと実施されているトレセンの指導者を認定の対象とする。
  • (2) 基準
    ①JFA公認指導者ライセンスの保有者であり、JFAの指導指針を理解し伝達できる者。
    ②管轄するサッカー協会の技術委員会が下記の条件を満たす者を認定する。
     ・各都道府県サッカー協会の推薦を受け、指定したトレセンコーチ研修会を受講できる者。
     ・将来性のある選手を発掘、育成する観点で選手選考できる者。
     ・JFA安全・安心対策の下、適切に指導ができる者。
     ・所属の都道府県サッカー協会と連携を取り、運営・実行できる者。
    ③活動における「安全・安心対策」が施されていること。
  • ※トレセンの指導者として認定された者は、20ポイントの指導ポイントが付与される。

4.JFAトレセン指導者/ライセンス対象基準

JFAトレセン認定事業の現場で関わるスタッフは、下記の指導者ライセンスを保有すること

JFAトレセン認定制度 ライセンス対象基準
区分 対象 指導者 カテゴリー 内容 申請・報告 管轄(承認) 現状の対象事業
U-12 U-14 U-16 U-17
ステージ1ナショナルトレセンチーフコーチA級
A級U-12
A級
A級U-15
A級A級JFAが主体的に実施
対象:全国
JFA・ナショナルトレセンU-14(前・後期)
・フットボ-ルフュ-チャ-プログラム
コーチA級
A級U-12
A級
A級U-15
A級A級
GKコーチGK-BGK-B級
(2020年にはGK-A級)
GK-B級
(2020年にはGK-A級)
GK-B級
(2020年にはGK-A級)
ステージ
2
地域
トレセン
チーフコーチA級
A級U-12
A級
A級U-15
A級A級地域協会が主体的に実施
対象:9地域
地域FAJFA・ナショナルトレセンU-12
・地域トレ-ニングキャンプU-17
コーチB級
(2020年にはA級、A級U-12)
B級
(2020年にはA級、A級U-15)
A級A級
GKコーチGK-C級GK-C級
(2020年にはGK-B級
GK-C級
(2020年にはGK-B級
GK-C級
(2020年にはGK-B級)
ステージ
3
都道府県
トレセン
チーフコーチB級
(2020年にはA級、A級U-12)
B級
(2020年にはA級、A級U-15)
A級A級都道府県協会もしくは、Jクラブが主体的に実施
対象:都道府県
都道府県FA地域FA・都道府県トレセン
コーチC級
(2020年にはB級)
C級
(2020年にはB級)
B級B級
GKコーチGK-C級GK-C級GK-C級GK-C級
ステージ
4
ブロック/地区
トレセン
チーフコーチB級B級B級B級都道府県協会が主体的に実施
対象:都道府県下のブロック(市町村郡)
ブロック/地域担当都道府県FA・ブロックトレセン
・地区トレセン
コーチC級
(2020年にはB級)
C級
(2020年には B級)
C級
(2020年にはB級)
C級
(2020年にはB級)
GKコーチC級C級C級C級

5.申請

都道府県トレセンの申込ページへ
ブロック/地区トレセンの申込ページへ
申請時必要情報①「ファーストエイドキット」
申請時必要情報②「トレセンコーチの心得」

6.認定

  • ①上位サッカー協会技術委員会は、申請書をもとに審査を行い、認定基準に達していると認める時、これを認定する。
    認定するか否かは、認定基準を満たしているもののうち、認定制度の目的を踏まえて、認定を行う上位サッカー協会の裁量により決定する。
    申請が認定基準に適合しないと判断した場合は、その旨を通知し、必要に応じて指導スタッフへのヒアリング、活動視察を行う場合がある。
  • ②地域トレセン及び都道府県トレセンは、当該地域及び都道府県に原則一箇所とする。

7.認定後の履行義務

  • ①名称の統一
    【拠点】
    認定された拠点は『JFAトレセン/(地域or都道府県)』+『(個別名称)』を正式名称として統一し使用しなければならない。
    (例:ステージ1 JFAナショナルトレセンU-12)
    (例:ステージ2 JFAトレセン関東U-12)
    (例:ステージ3 JFAトレセン東京U-12)
    (例:ステージ4 JFAトレセン東京U-12文京)
    【指導者】
    認定された指導者は『拠点名称』+『チーフコーチorコーチorGKコーチ』が使用できる。
    (例:JFAトレセン東京U-12文京 チーフコーチ)
  • ②年次活動計画、年次活動報告、コーチ追加登録、海外指導者ライセンスの提出。
    こちらからダウンロード
    ※複数シートあります。

8. 認定期間・更新

認定の有効期間は、認定を受けた日の翌々年度末(3月末)までとする。
申請者は、認定の有効期間終了後も引き続き認定を受けようとするときは、別に定める手続きにより、当該期間を更新することができる。

JFA内での管轄

本制度の所管は本会技術部に置く。
住所:〒113-8311 東京都文京区サッカー通り JFAハウス
TEL:03-3830-1810

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP