JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 第39回全日本少年サッカー大会 > 最新ニュース一覧 > 第39回全日本少年サッカー大会 1次ラウンドとラウンド16を開催 ラウンド16はPK戦にもつれる熱戦も

ニュース

第39回全日本少年サッカー大会 1次ラウンドとラウンド16を開催 ラウンド16はPK戦にもつれる熱戦も

2015年12月28日

第39回全日本少年サッカー大会 1次ラウンドとラウンド16を開催 ラウンド16はPK戦にもつれる熱戦も

第39回全日本少年サッカー大会は12月27日(土)、前日に引き続いて鹿児島市の鹿児島ふれあいスポーツランドを会場に熱戦が繰り広げられました。午前中に1次ラウンドの第3戦を行い、全12組の順位が確定。各組の1位と、2位グループの中から上位4チームがラウンド16に進み、午後3時からラウンド16の8試合が行われました。

1次ラウンド5組ではエストレージャスFC(福島)と対戦したUスポーツクラブ(山梨)が押し気味にゲームを展開。前線でクロスを呼び込んだ雨宮礼選手の先制ゴールなどで勝利し、3連勝を飾りました。またこのゲームでは選手同士が相手をリスペクトしながらのはつらつとしたプレーが目立ち、グリーンカードも多く出されました。

6組では符津スポーツ少年団サッカー部(石川)が2勝0敗で3戦目を迎えますが、松茂FC(徳島)との試合ではゲームの組み立てに苦戦。それでも守備の選手たちがピンチをしのいで引き分けとし、6組の1位で1次ラウンドを突破しました。また、10組のSSS札幌(北海道)は、対戦相手のFC ENFINI(岐阜)が球際に強く攻守に鋭い動きを見せて苦戦。久保田琳太選手のミドルシュートが決まってリードを縮めますが1次ラウンドでの敗退となりました。しかし両チームともに気持ちの入ったプレーが続きました。

ラウンド16では4組を1位通過したサガン鳥栖(佐賀)が6組2位の赤道クラブ(沖縄)と対戦。ゲームの主導権を握り、縦へのスピーディーな動きからチャンスを作っていきます。福井太智選手の先制点で優位に試合を進めますが、赤道クラブも眞榮喜歩夢選手が鮮やかなループシュートを決めるなど攻撃力を発揮。試合は双方が得点を取り合い、2-2でPK戦へ。両GKまでもつれても決まらない白熱のPK戦は、2巡目にGK田中勇輝選手が好セーブを見せ、鳥栖が勝利しました。

1組を1位通過したレジスタFC(埼玉)は9組で2位だった横浜F・マリノスプライマリー(神奈川)と対戦。いずれも1次ラウンドでは得点力が光ったチーム同士で、このゲームも攻守の切り替えが早く、ゴール前のシーンが多い展開になりました。ゲームは終盤に山崎倫選手が勝ち越しゴールを挙げたレジスタFCが勝利し、準々決勝に駒を進めました。

ベスト8進出チームが決まり、準々決勝は28日午前に鴨池補助競技場で、準決勝は同日午後2時から鴨池陸上競技場で順次開催されます。

選手コメント

雨宮礼 選手(山梨県代表・Uスポーツクラブ)
(得点のシーンは)仲間が良いクロスを送ってくれたので、それを狙いました。僕はあまりこういった形での得点はなかったので、決まったときは嬉しかったです。Uスポーツクラブはパスサッカーを目指しています。それが実践できている試合もあるので、次の試合でもUスポらしいサッカーをしたいと思います。僕はゴールを決めたいと思います。かっこいい形でのゴールをまた決めたいです。

安田虎士朗 選手(石川県代表・符津スポーツ少年団サッカー部)
僕たちはポゼッションサッカーを狙いとしています。(松茂FC戦は)後ろではボールは回せていましたが、相手のプレッシャーが早かったことが影響して前に進めませんでした。そういうときに相手に合わせて前に(長いボールを)蹴ってしまうようなことがあるので、修正しなければいけないと思います。ラウンド16に進めたので、課題を見つめ直して符津らしいポゼッションサッカーを見せたいです。

関駿太郎 選手(岐阜県代表・FC ENFINI)
昨日の試合で負けて決勝ラウンドには進めなかったのですが、岐阜県の代表として、(県の予選で)負けたチームの気持ちも背負って戦いました。相手のチームには背の高いFWがいて最初はどうなるかなと思いましたが、最後は強い気持ちで向かいました。僕たち6年生にとってはこの試合が最後になってしまいましたが、次の中学生大会でも勝ち上がって、また全国の舞台に戻ってこられるような選手になりたいと思います。

田中勇輝 選手(佐賀県代表・サガン鳥栖U-12)
(赤道クラブ戦での)PKが自分まで回ってきたときには少しびっくりしましたが、チームメイトが最初に2本を外してしまっていて、その分も、みんなのために頑張らなければいけないなと思いました。今日は鳥栖らしいハードワークがあって、人数をかけて寄せることはできていました。ゲームの序盤はみんなに焦りがある感じだったので、そこは修正点です。チームが焦っていても、自分はしっかり冷静に判断して、みんなを落ち着かせるコーチングをしたいです。

JFA-TV

大会第2日ゴール集

第39回全日本少年サッカー大会

競技期間:2015年12月26日(土)~12月29日(火)
会場:
1次ラウンド・ラウンド16 鹿児島ふれあいスポーツランド(鹿児島県鹿児島市)
準々決勝 鹿児島県立鴨池補助競技場(鹿児島県鹿児島市)
準決勝・決勝 鹿児島県立鴨池陸上競技場(鹿児島県鹿児島市)
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー
  • 大会トップ
  • 大会要項
  • 全大会日程
  • 日程・結果
  • 会場アクセス 会場案内図
  • イベント
  • TV放送/JFA-TV
  • 観戦マナー
  • 都道府県大会
  • 歴代優勝チーム
  • 大会プログラムオンライン販売
  • JFAの理念

    サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
    人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

    JFAの理念・ビジョン・バリュー