btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

鳥取

FCアミーゴ、賢戦を重ね2年連続14回目の全国大会出場

FCアミーゴ 2-0(前半0-0)東山ジュニアFC

気温が低く小雨が降りしきる肌寒い中で行われた、第39回全日本少年サッカー大会鳥取県大会決勝は、2年連続14回目の優勝を目指すFCアミーゴと初優勝を狙う東山ジュニアFCの対戦となりました。試合は、前半からお互いアグレッシブにゴールを目指しボールを奪い合う展開となりました。FCアミーゴは背後のスペースを積極的に狙う攻撃で、対する東山ジュニアFCはサイドを使った攻撃を仕掛け合いますが、ペナルティーエリアの中での体を張った守備により前半を無得点で終了します。

後半は、前半以上に積極的な攻撃を仕掛けたFCアミーゴが、後半4分、荒木選手が抑えのきいたシュートで先制。後半16分には一瞬の隙をつき、スローインから竹中選手のシュートが決まり追加点を奪います。

その後も両チームとも最後までアグレッシブに戦い、互いにゴールを狙いますが、このまま試合終了。FCアミーゴが全国大会出場の切符を手に入れました。

全国大会が冬に移行したことで、リーグ戦を通じて選手の育成とチームの育成にじっくり取り組むことができ、例年に比べて質を追求したチームが増えた鳥取県大会となりました。

監督・選手コメント

金坂監督(FCアミーゴ)
チームが目標をもって少しずつレベルアップ出来ました。県大会は、一回戦から接戦ばかり続きましたが、逆転するなど精神的に粘ることのできるチームになりました。全国大会では予選リーグ突破、優勝を目指して全国大会に向けて1ヶ月準備したいと思います。

中井キャプテン(FCアミーゴ)
全国大会の優勝を目指します。最後まであきらめず、負けたチームの分も頑張りたいです。

荒木大翔選手(FCアミーゴ)
得点がとれて嬉しかったです。落ち着いて狙ったとおりにシュートが打てました。全国大会ではチームが苦しいときに得点を取りたいと思います。

竹中恵丞選手(FCアミーゴ)
スローインからのボールを思いっきり強いシュートが打てました。2点目が奪えて嬉しかったです。全国大会でも思い切ってプレーしたいと思います。

優勝 FCアミーゴ
準優勝 東山ジュニアフットボールクラブ
3位 / 4位 EASEヴァモス / 鳥取KFC U-12
敢闘賞 鳥取KFC U-12
努力賞 鳥取KFC U-12
グッドマナー賞 EASEヴァモス

  • 準優勝:東山ジュニアフットボールクラブ

  • 3位:EASEヴァモス

  • 4位:鳥取KFC U-12

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP