btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

佐賀

大渕選手がハットトリック!
サガン鳥栖U-12 4年連続全国へ!!

サガン鳥栖U-12 9-1(前半3-0)肥前FCジュニア

サガン鳥栖U-12は3-3-1、肥前FCジュニアは2-4-1のフォーメーションで試合がスタートしました。

試合序盤は両チームとも積極的に縦への早い攻撃を仕掛けます。サガン鳥栖は前半7分、FW大渕選手がDFラインの背後へ飛び出しから冷静に決め、先制に成功。その後も両サイドを起点に攻撃を続け、13分にMF福地選手、18分にFW大渕選手が追加点を奪います。肥前FCジュニアは細かいパスワークから中央突破を試みますが、サガン鳥栖の堅い守備陣を前に決定機が作れず、前半を0-3で終了しました。

後半、運動量が勝るサガン鳥栖がロングシュートや個人技など多彩な攻撃で6点を奪います。

肥前FCは、後半17分にMF西選手がこぼれ球からシュートを決め、一矢を報いますが、最後まで試合を優勢に進めたサガン鳥栖が全国大会への切符を手に入れました。

監督・選手コメント

佐藤真一監督(サガン鳥栖U-12)
1回戦は硬さも見られ苦戦しました。決勝戦は伸び伸びやっていこうとチームで声をかけ合い,緊張もとれサガン鳥栖らしくひとりひとりが伸び伸びプレーすることができました。全国大会でも選手全員で、伸び伸びプレーし上を目指してやっていきたいと思います。

大渕来珠選手(サガン鳥栖U-12)
チーム全体で、早いプレスが効いて、ボールを奪えたことが良かったです。1対1でうまく抜けたりシュートを打ち続けたりして、得点につなげることができました。全国大会で何ができるかチャレンジしてみたいです。

岡優希選手(サガン鳥栖U-12)
決勝は、早い時間に先制に成功し、そこから波に乗り、その後も次々に点を決めることができたことが勝利につながったと思います。1対1で負けることが少なく、伸び伸びプレーできたこともよかったです。佐賀県の代表として、全国大会で優勝できるようにベストをつくしたいと思います。

優勝 サガン鳥栖U-12
準優勝 肥前FCジュニア
3位 兵庫ジュニアサッカークラブ / 轟JFC
努力賞 兵庫ジュニアサッカークラブ
グッドマナー賞 轟JFC

  • 準優勝:肥前FCジュニア

  • 3位:兵庫ジュニアサッカークラブ

  • 3位:轟JFC

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP