btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

青森

JEF HACHINOHE FOOTBALL CLUBが接戦を制し、初優勝を飾る

JEF HACHINOHE FOOTBALL CLUB 1-1(前半0-0、延長0-0、PK3-2)コンサドーレ札幌U-12A

今年の決勝に出場するJEF HACHINOHE FOOTBALL CLUB(以下、JEF八戸)は、6月の県少年サッカー大会で優勝した福田SSSを2回戦で後半4得点の逆転で倒し、さらに準決勝でもむつFCJrも逆転で制し勝ち上がってきました。対するFCトゥリオーニU-12(以下、トゥリオーニ)は、準決勝で昨年度の覇者リベロ津軽SC U-12をPK戦で破り、ともに初優勝と初代表を狙う戦いとなりました。

前半は互いに縦への速いパスを仕掛ける展開となりますが、天気予報通り午後から降り始めた雨の影響で、人工芝といえども球足が速く思うようにボールコントロール出来ないまま0-0で折り返します。 後半に入りJEF八戸は岩城を中心にボールポゼッション率が上がりチャンスを作り始めます。そして25分、左サイドをオーバーラップした阿部からの低いクロスボールに中央から走りこんだ小野が左足で決めて、トゥリオーニGKの高い身体能力と好守に阻まれていたゴールをこじ開けJEF八戸が先制します。しかし35分、トゥリオーニは右サイドからゴール前へ流れたボールが混戦となり久米田が決めて同点とします。

シュート数JEF八戸14本、トゥリオーニ3本でスコア1-1のまま延長戦に突入もお互いに追加点を奪えず。PK戦ではJEF八戸が3人とも確実に入れましたが、トゥリオーニの2人目がクロスバーを直撃しゴールならず。JEF八戸が接戦を制しました。 この日2試合のPK戦を戦ったトゥリオーニは5年生も多くエントリーしていましたので、また来年の活躍が期待されます。

総評としては、DF陣が安易にボールを蹴り返し、相手チームへ渡している場面が多々見られたので、ボールを持っている選手ばかりではなく、保持していない選手が判断をもって受ける準備が必要と思われました。年々、個の能力は向上していると感じています。今年は全日本が冬の大会に移行した最初の年です。県代表となったJEF八戸にはあと2か月で雪国のハンデを感じさせないチームとなって全国大会へ臨んでほしいです。

監督・選手コメント

大島正監督(JEF HACHINOHE FOOTBALL CLUB)
県大会では、先制される試合が多かったですが、試合終了まで全力で走り切り優勝をつかみとることができました。初の全国大会ですが、選手たちには、これからのサッカー人生につながるような、のびのびとしたプレーを期待しています。

小野暉選手(JEF HACHINOHE FOOTBALL CLUB)
先行され苦しい試合が2試合続きましたが『勝つ!』という気持を強く持って逆転勝利。決勝戦も最後まで諦めず、優勝できました。全国大会では、ひとつひとつ勝ち進んでいきたいです。

浅利航太郎選手(JEF HACHINOHE FOOTBALL CLUB)
決勝戦では、自分たちのサッカーがあまりできませんでしたが、PK戦で勝利を得ることができ、うれしいです。初優勝で初めての全国大会なので、青森県代表として上位に勝ち進みたいです。

優勝 JEF HACHINOHE FOOTBALL CLUB
準優勝 FCトゥリオーニ
3位 むつFCJr / リベロ津軽SC
努力賞 むつFCJr
グッドマナー賞 FCトゥリオーニ

  • 準優勝:FCトゥリオーニ

  • 3位:むつFCJr

  • 3位:リベロ津軽SC

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP