btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

新潟

グランセナ新潟FCジュニアA、クラブ創設8年目でうれしい初優勝!

グランセナ新潟FCジュニアA 3-0(前半1-0)kF3

どちらも勝てば全国大会初出場となる白熱した決勝は、両チームとも攻守の切り替えが早く、雨の人工芝でスリッピーな中でもしっかりとトラップやパスが出来ているなど、技術の高さを感じられたゲームでした。

前半はグランセナが押し気味にゲームを進め、右サイドからの折り返しを星選手が押し込み先制点を奪います。kF3も惜しいチャンスを決めきれずに前半終了。

後半は立ち上がり早々、グランセナ内藤選手が裏への早いパスを流れの中でトラップ&ドリブル。ゴールキーパーが出てきたところをループシュートで追加点を決めます。

後半終了間際、グランセナ小林選手が右サイドからのセンタリングを押し込み、だめ押しの3点目。3-0でグランセナ新潟FCジュニアAが全国大会初出場を決めました。

点差こそ3-0ではありましたが、両チームともゴールを奪う姿勢が前面に出た決勝となりました。

監督・選手コメント

高井宏徳監督(グランセナ新潟FCジュニアA)
相手のストロングポイントを抑え、良い守備から攻撃に繋げることができたのが勝因であったと思います。
相手にボールを保持される時間帯でも粘り強く守れたのは良かったです。
この結果は、1回戦から決勝までタフな試合をこなしてきた選手たち、応援してくれた選手・保護者の皆様、これまでグランセナに関わってきてくれたすべての方々のおかげです。
全国大会では、新潟代表としての誇りを胸に自分たちのサッカーでグランセナ旋風を巻き起こしたいと思います。

山本倖生選手(グランセナ新潟FCジュニアA)
優勝できて良かったです。
ノーシードから勝ち上がったことは、チームのレベルアップに繋がりました。
優勝するまでに8試合勝たなければいけませんでした。
決勝を8回戦う気持ちで試合の立ち上がりや終了間際を意識して試合を行いました。
こうやって頑張れたのは、チームメイトや家族のおかげです。
感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。
このメンバーと優勝できて良かったです。全国も頑張ります。

内藤大夢選手(グランセナ新潟FCジュニアA)
今まで苦戦してきたkF3に1ゴール1アシストし、勝利に貢献できて良かったです。
全国では自分の持っている力をすべて出し切り、優勝したいです。

星凌大選手(グランセナ新潟FCジュニアA)
自分の持ち味である中へのしかけが多く出せて良かったです。全国では応援してくれるすべての方に勇気を与えるプレーをして優勝したいです。

小林謙心選手(グランセナ新潟FCジュニアA)
途中出場で自分が出来ることをやってゴールを決められて良かったです。
全国では新潟の代表として頑張ります。

優勝 グランセナ新潟FCジュニアA
準優勝 kF3
3位 / 4位 ジェス新潟東SC / ReiZ長岡FC
努力賞 ReiZ長岡FC
グッドマナー賞 kF3

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP