btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

香川

見事に逆転勝ちしたディーオルーチェ高松が初優勝!

ディーオルーチェ(A) 2-1(前半0-1)丸亀FC

チーム創設10年目を迎えるディーオルーチェ高松は、悲願である初優勝を狙い圧倒的な攻撃力をもって勝ち上がってきました。対する丸亀FCは、6月の香川県少年サッカー選手権大会を制し持ち味である連動したディフェンスと効果的なパスワークで2年連続7回目の優勝を目指して勝ち上がってきました。高い身体能力の選手を擁し縦に早い攻撃のディーオルーチェ高松と連動したディフェンスと効果的なパスワークと展開が持ち味の丸亀FCの対照的な2チームが代表を争う決勝戦となりました。

前半は丸亀FCが早いプレッシングからボールを奪取し、幅と深みをうまく使ったパスワークでボールを支配する展開となりました。開始早々2分、丸亀FCはハーフウェイライン付近でボールをキープしディフェンスラインの裏にスルーパスを通すと、高木選手がゴールキーパーの飛び出しを観て冷静にループシュートで先制しました。ディーオルーチェ高松も縦への速いパスからフォワードの佐々木選手がゴールを狙いますが、得点には至らず前半を終了しました。

後半、ディーオルーチェ高松は身体能力の高い岩佐選手がフォワードに入り、粘り強いディフェンスからボールを奪取し、岩佐へのスルーパスから得点を狙う布陣で臨みました。一方、丸亀FCは早いプレッシングとパスワークから得点を狙っていく展開となりました。一進一退の攻防が続く中、後半9分、ディーオルーチェはコーナーキックのこぼれ球を遠山選手が拾うと、ゴール前に絶妙のクロスボール。このボールを桝谷選手が押し込んで同点としました。この同点ゴールで勢いづいたディーオルーチェ高松は後半11分、ハーフウェイライン付近で競り合いのこぼれ球をキープし、前線の岩佐へパス。ディフェンスの背後にスペースを作ってから、パスを呼び込み絶妙なファーストタッチでゴールキーパーとの1対1を冷静に左足で流し込んで逆転しました。丸亀FCは最後まで効果的なパスワークからゴールを狙いましたが一歩及ばず、ディーオルーチェ高松が全国大会への切符を手にしました。

監督・選手コメント

森元浩二監督(ディーオルーチェ高松)
うちのチームは普段から子供たちに任せていて、子供たちが考えて自主的にやってくれた結果、優勝することができ子供たちに感謝しています。全国大会では香川県代表として、しっかり戦いたいと思います。

岩佐麟太郎選手(ディーオルーチェ高松)
僕がやらなければいけないと思って得点を決めることができ、全国大会に出場できることになって凄く嬉しいです。得点のシーンは、キーパーの状態を見て落ち着いて決めることができました。

優勝 ディーオルーチェ高松
準優勝 丸亀フットボールクラブ
3位 / 4位 郡家サッカースポーツ少年団 / 仁尾FC
努力賞 善通寺東部サッカークラブ
グッドマナー賞 香東川サッカークラブ

  • 準優勝:丸亀フットボールクラブ

  • 3位:郡家サッカースポーツ少年団

  • 4位:仁尾FC

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP