btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

愛媛

FC今治U-12 初優勝、そして初の全国大会へ

FC今治U-12 6-1(前半3-0)宮前サッカークラブ

11月29日(日)良好なピッチコンディションの中、決勝戦はFC今治のキックオフで始まりました。開始早々1分、FC今治の10番矢野選手がサイドからのパスを冷静にシュートへ結び付け先制。その後もFC今治が5分、9分とゴールを奪い、3-0とリードしました。宮前サッカークラブは反撃に転じるも、FC今治の体を張ったディフェンスのため中々シュートまでたどりつけません。前半のうちに1点を返したい宮前サッカークラブは終了間際の19分、フリーキックを得ます。宮前サッカークラブの10番大谷選手が直接狙うも、FC今治のGK藤原選手のファインセーブにより、惜しくもゴールならず前半を終了しました。

後半立ち上がりから宮前サッカークラブが攻勢に出ます。21分、27分と惜しいシュートを放ちますが、ゴールには届きません。28分、FC今治の8番増原選手が右サイドからのロングボールを受け、キーパーと1対1になり、冷静に決めました。後半最初の得点はFC今治となり、その後も30分、37分とFC今治のゴールが決まり、6-0となりました。38分、宮前サッカークラブ7番奥田選手のドリブル突破からシュート。GKがはじいたこぼれ球を10番大谷選手が押し込み、1点を返します。その後もあきらめずに宮前サッカークラブは攻撃に出ますが、6-1でFC今治が勝利し、全国大会への初めての切符を手に入れました。

監督・選手コメント

矢野克志監督(FC今治U-12)
序盤に点が入ったため、少し緊張感が取れました。最後は宮前サッカークラブの粘りで圧力がかかってきましたけれど、今大会通じてGK中心にいいディフェンスができたかなと思います。全国大会では自分たちの普段やってきていることがどれくらいできるのかというところにチャレンジして、一戦一戦頑張っていきたいと思います。

増原航選手(FC今治U-12)
前半、自分が得点を決めるチャンスがいっぱいあったのですが、得点できずチームに申し訳ないという気持ちが強かったので、後半2点取れてすごくうれしいです。全国大会でもまずはグループリーグを勝ち進み、決勝ラウンドに行きたいです。目指すは優勝です。選手宣誓もがんばります。

優勝 FC今治U-12
準優勝 宮前サッカークラブ
3位 / 4位 新居浜市少年サッカースクール宮西教室 / 小野FC
努力賞 新居浜市少年サッカースクール宮西教室
グッドマナー賞 小野FC

  • 準優勝:宮前サッカークラブ

  • 3位:新居浜市少年サッカースクール宮西教室

  • 4位:小野FC

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP