btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

石川

符津スポーツ少年団サッカー部Aチーム
34年ぶり4回目の優勝(第1、4、5回)
決勝戦を大量点で圧勝!多彩な攻撃で個の力の差を見せつける

符津スポーツ少年団サッカー部 A 8-1(前半4-1)額サッカースポーツ少年団

優勝した符津スポーツ少年団サッカー部Aは、攻守の切り替えが早く、守備では球際の強さや数的優位でボールを奪い、攻撃ではピッチを広く使って、サイドからの仕掛けや中央突破など攻撃のバリエーションが多彩な攻撃型のチームです。準優勝の額サッカースクール少年団は、攻撃では素早く前線にフィードして人数をかけず個人スキル・フィジカルで得点を狙い、守備では人数をかけて得点を防ぐ守備重視のチームです。

サッカースタイルが全く違う両チームの試合は、攻撃型の符津が試合の主導権を握り、ボールポゼッションで圧倒した符津のボール奪取からの得点、相手DFの背後へのタイミングのよいパス(ダイアゴナルラン)からの得点などで、総得点8点の圧勝となりました。 額はフィジカルの強いFWを配し、そこにボールを集めてカウンターで対抗しようとしていましたが、得点に繋がるようなパスは少なく、1点を返すのが精一杯の抵抗でした。

選手のサッカーに対する意識(ボールを奪われない・取られたら取り返す・攻撃はシンプルなど)の差が大きく出た決勝戦となりました。

優勝 符津スポーツ少年団サッカー部 A
準優勝 額サッカースポーツ少年団
3位 FC.TONジュニア A / テイヘンズFC金沢U-12 A
努力賞 額サッカースポーツ少年団
グッドマナー賞 FC.TONジュニア A

  • 準優勝:額サッカースポーツ少年団

  • 3位:FC.TONジュニア A

  • 3位:テイヘンズFC金沢U-12 A

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP