btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

群馬

ファナテイコス、後半残り5分から怒濤の3得点で県8連覇を達成し、全国出場へ!!

ファナティコス 3-0(前半0-0)前橋ジュニア

前半、コイントスで風上に立ったファナテイコスは、前線にロングボールを蹴り込み、前橋ジュニアのゴール前に度々攻め込むが、これを前橋ジュニアが跳ね返す攻防が続きます。ファナティコスは前半だけで3本のコーナーキックを得てゴールを狙うも、シュートはクロスバーを2度叩き、決定機を作りますが得点には至らず。

一方、前橋ジュニアは、ゲームメーカーが怪我のため長期離脱している影響からか、うまくボールがつながらず苦戦していましたが、前半10分すぎに右サイドからのクロスを中央でフリーで受けて、放ったシュートは、わずかに枠をそれてゴールは奪えません。前半はこのまま両チームとも、得点を奪えずスコアレスドローで前半終了。

エンドが替わった後半、風下のファナテイコスはGKからのボールを最終ラインからつないで、再三にわたり左サイドから攻撃を仕掛け、数滴優位を作りながら、攻めこむ場面が増えていきます。

36分、左サイド吉澤由衣斗選手から茂田明伸選手につなぐと、ボールを受けた茂田選手が迷わずクロスを上げると、ゴール前で待ち構えていた中田有祐選手がヘッドで先制点を叩き込みます。

同点に追いつくべく、前掛かりになった前橋ジュニアの隙をつき、39分には森谷隆史選手、40分+1分には吉澤由衣斗選手が立て続けにゴールを奪い、結果的に3-0でファナテイコスが群馬王者に輝き、県8連覇の偉業を達成し、全国大会出場となりました。

監督・選手コメント

若林秀行監督(ファナティコス)
群馬県大会連覇中でしたが、今年から冬開催となり非常に難しい時期での予選と早くから意識していたので優勝ができ、ほっとしてます、充実した群馬県大会でした、全国大会に向けて体調管理をしっかりしてベスト4を目指したいと思います。

羽鳥瑞生選手(ファナティコス)
クラブ全体の勝利だと思います。沢山の応援に支えられました。ファナティコスでサッカーを学ばせてもらい両親に感謝しています。

中田有祐選手(ファナティコス)
ヘディングでの得点は得意なので、狙っていました。
全国大会でも毎試合ゴールを狙って行きたいです。

森谷隆史選手(ファナティコス)
こぼれ球を思い切り蹴り込みました、全国大会が楽しみです。

吉澤唯衣斗選手(ファナティコス)
思いっきりシュートを打ったら相手選手に当たってのラッキーシュートでしたが、決勝で得点できたことは一生の思い出になります。

優勝 ファナティコス
準優勝 前橋ジュニア
3位 / 4位 KSCジュニア / 大泉FC U-12 A
努力賞 前橋ジュニア
グッドマナー賞 KSCジュニア

  • 準優勝:前橋ジュニア

  • 3位:KSCジュニア

  • 4位:大泉FC U-12 A

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP