btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

北海道

SSS札幌サッカースクール、激戦を制し2年連続全国へ

SSS札幌サッカースクール 3-2(前半2-0)コンサドーレ札幌U-12A

7月に行われた北海道内の公式大会では、互いに譲らずPK戦となり、残念ながら涙をのんだSSSでしたが、全国出場をかけた再戦となりました。試合前から会場全体に緊張感が漂い、接戦が予想された中でのキックオフ。立ち上がりから両者ともにボール際での激しい攻防が続き、中盤でのボールの奪い合い、ゴール前での体を張ったディフェンスが連続して続いていきます。こうした中、前半3分と7分にSSSの秋山選手のミドルレンジからのシュートが見事にネットを揺らし、SSSが前半を2-0でリードして折り返します。

後半に入り7分、コンサドーレは石川選手のシュートがポストに当たりそのままゴール。1点を返します。その1分後、コンサドーレのシュートが再びポストに当たりますが、このシュートはポストに嫌われ、ゴールはなりません。後半10分、コーナーキックからのこぼれ球をSSS・板垣選手の鮮やかなミドルシュートが決まり、3-1とリードを広げます。しかし、あきらめないコンサドーレは16分に佐藤選手のシュートで1点を返し、3-2と再び1点差とします。刻々と時間が進む中で両チームとも必死のプレーを続け、ついに試合終了のホイッスルが鳴ります。SSSが3-2で勝利し、2年連続で全国大会出場を決めました。北海道代表を決めるにふさわしい白熱した決勝戦となり、試合後、大きな拍手が両チームに送られました。

監督・選手コメント

鈴木政裕監督(SSS札幌サッカースクール)
良い状態で決勝戦に臨めたこと、また良い時間帯で点数が取れたことが勝ちにつながりました。全国大会では昨年、そして3年前と1次リーグ敗退という残念な思いをしているので、今回はぜひ上に進めるよう、チーム一丸となって頑張っていきたいです。

秋山千颯選手(SSS札幌サッカースクール)
決勝戦で2得点できて嬉しいです。相手のシステムを確認して試合を進めることができたのが良かったです。攻撃に関しては、さらに磨きをかけていきたいです。全国大会までに練習を十分に積んで、鹿児島では優勝を目指したいです。

板垣大地選手(SSS札幌サッカースクール)
初戦と決勝は苦しい試合でしたが、決勝戦で決勝ゴールを決めることができてとても嬉しいです。全国では油断できるチームはないので、練習をしっかり行って、全国大会に臨みたいです。

優勝 SSS札幌サッカースクール
準優勝 コンサドーレ札幌U-12A
3位 室蘭大沢FC U-12 / アンフィニMAKI.FC U-12
努力賞 コンサドーレ札幌U-12A
グッドマナー賞 アンフィニMAKI.FC U-12

  • 準優勝:コンサドーレ札幌U-12A

  • 3位:室蘭大沢FC U-12

  • 3位:アンフィニMAKI.FC U-12

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP