btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

栃木

コーナーキックから3得点!ヴェルフェたかはら那須U-12が初優勝!

ヴェルフェたかはら那須U-12 4-0(前半1-0)野原グランディオスFC

64チームが参加した栃木県大会の頂点を決める決勝は、ヴェルフェたかはら那須U-12と野原グランディオスFCの対戦となりました。

開始早々に先制したのはヴェルフェたかはら那須U-12。前半1分黒崎皓嗣選手からのコーナーキックを、土屋巧選手が頭で合わせゴール。その後大きくヴェルフェに主導権が傾いた展開となりますが、野原グランディオスFCの素早いディフェンスによって、追加点は決まりません。後半も両チームの攻防は続きますが、後半17分、水口嵩大選手のコーナーキックから、守備の要でもある土屋巧選手が再びゴールを決めました。後半途中から瀧田尚由選手が入ったことにより、ヴェルフェたかはら那須U-12の攻撃に変化が増します。波に乗ったヴェルフェたかはら那須U-12は2点を追加し、試合を決定づけました。水口嵩大選手は精度の高いコーナーキックで2得点を演出。土屋巧選手は得意としているヘディングでハットトリックを達成しました。

監督・選手コメント

福田丞太郎監督(ヴェルフェたかはら那須U-12)
メンタルが試合に出てしまいました。気の緩みから厳しいゲームにしてしまったと反省しています。攻撃力の強さは個々のポテンシャルでもありますが、日々のトレーニングで指導してきました。常に0対0のスタートであると言っています。
全国大会に向けて、何ができるかが大切だと思います。今のままでは厳しい試合が予想されるので、メンタルを強化して、気を引き締めていきたいです。全国へは、参加するだけでなく、自分たちのプレー・個々の表現をうまく出したいです。
今後は、県選手権大会へと切り替えた日々のトレーニングを積み重ね、全国でもベストを尽くしたいと思います。

土屋巧選手(ヴェルフェたかはら那須U-12)
前半は緊張していました。後半チームのムードが上がってきたので、ヘディングで3点は決めるつもりでした。ヘディングは得意な方です。ハットトリックは初めてなので、とてもうれしいです。
鹿児島での全国大会では、ベスト4を目指したいと思います。全国のライバル、特に関東大会の雪辱を果たしたいです。もしベスト4に入れたら、優勝するまであきらめないとチームで決めています。気を緩めず、鹿児島でも1試合ずつ頑張りたいです。

水口嵩大選手(ヴェルフェたかはら那須U-12)
決勝は厳しい試合でした。コーチから10点とるように言われていたので、サイドで体力を消耗しましたが頑張りました。前半は先取点が早く入ったことで、気持ちに隙ができてしまったと思います。
全国ではベスト4を目標に頑張ります。

優勝 ヴェルフェたかはら那須U-12
準優勝 野原グランディオスFC
3位 フットボールクラブ氏家 / 御厨フットボールクラブ
努力賞 御厨フットボールクラブ
グッドマナー賞 フットボールクラブ氏家

  • 準優勝:野原グランディオスFC

  • 3位:フットボールクラブ氏家

  • 3位:御厨フットボールクラブ

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP