btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

大阪

SSクリエイト、アイリスFC住吉 1stの2チームが念願の決勝大会初出場を達成

第39回全日本少年サッカー大会大阪府予選大会最終ラウンドが11月28日と29日に行われ、優勝したSSクリエイトと準優勝のアイリスFC住吉 1stの2チームが念願の決勝大会(全国)初出場を達成しました。

大阪府予選では本年度より年間を通じた予選リーグ方式が採用されました。その結果、ラウンド32以降の決勝ラウンドでは1点差以内の試合が全体の60%という拮抗した試合内容になりました。

ベスト4進出チームによる最終ラウンドリーグは、最終日まで全4チームに決勝大会(全国)出場の可能性が残されましたが、第1試合で高槻FCを4-2で下し3戦全勝としたSSクリエイトと、第2試合ではセレッソ大阪U-12に2-0で勝って勝点6としたアイリスFC住吉 1stが、決勝大会出場を決めました。

監督・選手コメント

高口豊宏監督(SSクリエイト)
■大阪予選を振り返って
地区予選から中央大会1回戦〜3回戦そして決勝リーグの3試合。前年度優勝県ということで全国大会出場枠が2枠。
ベスト4からはリーグ戦というレギュレーションでした。本当にハードな試合が続きました。
中央大会3回戦、最高の相手(仲間)に我々のスタイルで勝利出来たことは決勝リーグに向けての自信にもなりました。
試合を重ねる中で選手達が逞しく成長していく「様」を実感できたことを指導者として非常に嬉しく思っています。
■全国大会出場に向けて
まず全国大会という舞台に出場出来ることを選手、スタッフ共に感謝しています。日頃から我々を支えて頂いている保護者、交流させて頂いているチームそしてOB達が築いてくれたスピリッツの継承のおかげだと思っています。
日頃から交流させていただいているチームが多数出場します。そのようなチームと全国大会という舞台で試合が出来るのを今から楽しみにしています。
そして大阪府代表として戦ってきた仲間のチームの「想い」の分も含め選手達にはトレーニングで培ってきたものを最高の舞台で「どう」表現するかをテーマに臨みたいと思います。

岩丸流星選手(SSクリエイト)
■大阪府予選を振り返って
ぼくは、キャプテンとして、いつも通りをこころがけ試合にのぞみました。
チームのみんなは、いつもより一つになっていました。
その結果、厳しい戦いにも勝ち、優勝できました。
■全国大会出場に向けて
自分たちのサッカーをしっかりして優勝します。
強い相手と試合するのが楽しみです。

桝谷孝行監督(アイリスFC住吉 1st)
■大阪府予選を振り返って
厳しい試合ばかりでしたが、試合をするごとにチームがまとまり成長することが出来たことがこの結果に繋がり嬉しく思います。
この難しい大阪を勝ち抜くことができたことは自信にもなります。
これまで鍛えて頂いた交流チーム、対戦チームのみなさまに感謝しかありません。
■全国大会出場に向けて
初出場なので思い切ってチャレンジしたいと思います。
そして大阪府の代表として誇りを持ち感謝を忘れず臨みたいと思います。
そして子供たちにとってすべてが良い経験になると思いますのでひとつでも多く試合ができるように頑張ります!

大野泰楽選手(アイリスFC住吉 1st)
■大阪府予選を振り返って
この大会が始まる前、目標を決めるときに、まず大阪府代表で全国大会に出るということをみんなで決めてから取り組んできたことが大阪府予選で出しきれたと思います。
苦しい戦いもあったけど、チームで助け合い勝ってきたことが一番うれしいです。
■全国大会出場に向けて
今まで戦ってきたチームの想いも込めて全国大会に臨みます!

優勝 SSクリエイト
準優勝 アイリスFC住吉 1st
3位 / 4位 高槻フットボールクラブ / セレッソ大阪U-12
努力賞 アイリスFC住吉 1st
グッドマナー賞 高槻フットボールクラブ

  • 準優勝:アイリスFC住吉 1st

  • 3位:高槻フットボールクラブ

  • 4位:セレッソ大阪U-12

決勝リーグ

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP