btn_page_top sp_btn_page_top
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2015/12/26(土)〜2015/12/29(火)

山梨

UスポーツクラブがFCアルピーノとの接戦を制し、3年ぶり6回目全国大会出場へ

FCアルピーノ 1-2(前半0-2)Uスポーツクラブ

立ち上がりペースをつかもうと両チームとも、ロングボールを多用。それでも、Uスポーツクラブが押し気味にゲームを進めます。前半3分、Uスポーツが左サイドでフリーキックを得て、7番若林大翔選手の蹴ったボールは狙ったとおりにゴール前の9番小林練選手へ渡り、ヘディングシュートが決まり先制しました。ペースをつかんだUスポーツは13分にはDF5番白鳥稜汰選手が左サイドから30メートルのロングシュートを決めます。
アルピーノは少しずつボールが回り始めペースをつかみだします。UスポーツのDFラインが下がり始めシュートチャンスもありましたが前半は0-2で終了。

後半アルピーノは立ち上がり前からの速いディフェンスでペースをつかみます。UスポーツはDFラインとGKで奪ったボールを前線の10番青柳選手、9番小林選手にロングフィードでカウンターを狙います。後半8分、アルピーノはDF2番秋山聖人選手の右サイドからのロングシュートが決まり、流れを呼び込み勢いを増します。その後もUスポーツのDFラインが下がったところに10番芳賀選手、8番山口選手を中心にミドルシュート、スルーパスを狙いアルピーノが押し気味にゲームを進めますがUスポーツの硬い守りを崩せず終了のホイッスルが鳴りました。
Uスポーツが3年ぶりの全国大会出場を決めました。

監督・選手コメント

監督(Uスポーツクラブ)
前半はプラン通りの試合ができましたが、後半はFCアルピーノの多彩な攻撃に守備的にならざるを得ませんでした。
なかなか点が取れないチームでしたが、決勝の大舞台で先制点が取れたことが良かったです。本当に選手がよく頑張ってくれたと思います。
3年ぶりに全国大会への切符を手にすることができました。まだまだ足りない部分があるので選手と共に成長していきたいです。

若林大翔選手(Uスポーツクラブ)
優勝できたことがすごくうれしいです。
全国の高いレベルの中でも、ひとつひとつの試合を大切にチーム一丸となって戦えるようなチームにしたいと思います。キャプテンとして声をかけ続けこの仲間たちと優勝を目指します。

小林錬選手(Uスポーツクラブ)
今大会、試合の全ての先制点を挙げることができました。全国大会では笑顔で帰ることができるように頑張ります。

白鳥稜汰選手(Uスポーツクラブ)
DFとしては反省点がありますが、得点ができたことはとてもうれしいです。点をとられないこと得点できたことを比べると得点できたことの方がより嬉しいです。

優勝 Uスポーツクラブ
準優勝 FCアルピーノ
3位 / 4位 ヴァンフォーレ甲府U-12 / フォルトゥナU-12
努力賞 フォルトゥナU-12
グッドマナー賞 ヴァンフォーレ甲府U-12

  • 準優勝:FCアルピーノ

  • 3位:ヴァンフォーレ甲府U-12

  • 4位:フォルトゥナU-12

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • コカ・コ-ラ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ
  • ゆうちょ銀行
  • ベネッセコーポレーション
  • 全小ブログ

JFA.jp SITEMAP