btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 社会貢献活動 > 復興支援活動 > 最新ニュース一覧 > 熊本県益城町、西原村のチームを招待 サッカー少年・少女の希望をつなぐ MS&ADカップ2016 ~ 九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本 ~

ニュース

熊本県益城町、西原村のチームを招待 サッカー少年・少女の希望をつなぐ MS&ADカップ2016 ~ 九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本 ~

2016年05月12日

熊本県益城町、西原村のチームを招待 サッカー少年・少女の希望をつなぐ MS&ADカップ2016 ~ 九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本 ~

MS&ADカップ2016 ~九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本~が5月11日(水)、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで行われ、U-23日本代表がガーナ代表と対戦、3-0で勝利しました。

熊本県および九州地域を震源とする熊本地震の復興支援のため、収益の全てを義援金として寄付する本大会。日本サッカー協会は、さらなる復興支援活動の一環として、特別協賛社であるMS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社の協力を得て、甚大な被害のあった熊本県益城町や西原村を拠点とするFC BIGWAVE、FC Le・reve、益城ルネサンス熊本FC、ビアンカス西原の選手を招待し、U-23日本代表の戦いぶりを間近に感じていただく機会を設けました。

JFA職員が出迎えた集合場所には、久々の再会を果たした選手や避難先から駆けつけた家族の姿などもありました。バス5台にわかれて出発し、鳥栖までの約1時間の車中ではU-23日本代表に関するクイズやビデオなどを楽しみ、試合への期待を高めました。試合会場に到着後、一部の選手はフラッグベアラーやボールボーイといったJFAユースプログラムにも参加しました。

この日、会場では熊本地震の復興支援の一環として募金活動も行いました。カラッペ・カララや岡田武史副会長、原博実Jリーグ副理事長(JFA常務理事)、またサガン鳥栖の竹原稔社長、マッシモ・フィッカデンティ監督と全選手が呼びかけを行い、お寄せいただいた募金金額は1,089,255円となりました。熊本県のくまモンも現在も続く被災地への支援に対する感謝を伝えるために参加しました。

日本サッカー協会は、今後もサッカーを通した熊本地震の被災地への支援を行っていきます。

コメント

熊本県益城町のサッカーチームFC BIGWAVEの岩川晴彦 くん
今日はボールボーイをやらせてもらいました。ボールボーイをするのは今回が初めてで、それが日本代表戦だと思うとさらに緊張しましたが、試合がスムーズに進むように一生懸命取り組みました。代表選手たちにボールを出すことで試合のサポートができたので、とても嬉しかったです。地元ではまわりのみんながまだ大変な思いをしています。これからも僕たちにできることをひとつひとつやっていきたいと思います。そして、早くチームメイトといつものようにサッカーがしたいです。今日は楽しい時間を本当にありがとうございました。

熊本県益城町のサッカーチームFC Le・reveの栗永晴人 くん
チームでは、右サイドバックでキャプテンをしています。自分から声をだして、まとめるようにしています。今日はチームのみんなと一緒に試合が見られることをとても楽しみにしていました。バスの中でのゲームやクイズも楽しかったです。試合ではパス回しなどが勉強になりました。攻撃の部分を見たいと思っていたので、たくさん得点するシーンが見られて嬉しかったです。

西原村のサッカーチーム ビアンカスにしはらの田中将騎 くん
今日の試合で、地元の大津高校出身の植田選手が頑張ってプレーするのを見て、とても元気をもらえました。また試合後にスタンドの近くに来た植田選手と目が合ったので、とても嬉しかったです。

益城ルネサンス熊本FC フェニックスの新富愛 さん
私は今、熊本に住んでいます。今回の地震によりたくさんの被害を受け、今もなお余震が続く不安の中で毎日を過ごしています。そんなとき、日本代表の試合を観戦できることになりとても嬉しかったです。
今回、初めて日本代表の試合をスタジアムで見ました。スタジアムに着いたときは興奮が最高潮でした。そしてスタジアムに入ると、ピッチ上でウォーミングアップしている選手たちが、とてもかっこ良く輝いて見えました。試合中、身体を張って相手にも負けず、ケガをしても最後まで戦う姿に勇気をもらいました。また、テレビでは聞こえない選手同士の迫力のある声かけに驚き感動しました。試合結果も勝利をおさめ、会場の人はもちろん、テレビの前の人たちにも笑顔が広がったと思います。私も地震後、一番笑顔になれた日でした。
今回は、チャリティーマッチを開催していただき、監督や選手、そしてボランティアの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。私たちは、これからも前進し続けます。

JFA-TV

 

MS&ADカップ2016~ 九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本 ~

U-23日本代表 vs ガーナ代表
2016年5月11日(水) 19:15キックオフ
佐賀/ベストアメニティスタジアム

大会情報はこちら

平成28年熊本地震 義援金およびサッカーファミリー復興支援金受付について

アーカイブ
社会貢献活動
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP