btn_page_top sp_btn_page_top

JFAこころのプロジェクト

JFAこころのプロジェクト

「夢の教室」概要

「夢の教室」とは?

JFAこころのプロジェクトでは、様々な競技の現役/OB/OGのスポーツ選手などを「夢先生」として学校へ派遣し、「夢を持つことやその夢に向かって努力することの大切さ」「仲間と協力することの大切さ」などをゲームと夢先生の体験談を通じて子どもたちに伝えています。

「夢の教室」概要

[ 対象 ]小学校5年生、中学校2年生

将来について考えるきっかけとなればという考えから小学校5年生、また、より具体的に将来をイメージする機会にしてもらいたいという思いから中学2年生を対象としています。

[ 実施の単位 ]クラス単位

クラス単位を基本とし、夢先生と子どもたち一人ひとりとができる限り、触れ合う機会をつくります。

[ 時間/場所 ]90分間/学校の体育館・教室 ※中学校は100分

原則として、学校の正規の授業2コマを利用して行います。
時間配分は変則的で、前半35分、後半55分となります。 ※中学校は後半60分

前半「ゲームの時間」35分
体育館で、夢先生と子どもたちとで体を動かすことにより緊張をほぐしながら、仲間と協力することの大切さ、相手を思いやる心などを伝えます。
※この「夢の教室」は、スポーツ教室ではありません。
ゲームの時間

後半「トークの時間」55分 ※中学校は60分
教室で、夢先生が「夢曲線」を黒板に描きながら自身の体験を話し、夢を持つことの素晴らしさ、それに向かって努力することの大切さなどを子どもたちに伝えます。
トークの時間

実施小学校の選定

地区の教育委員会を通じて、プロジェクトの案内と開催申請書を配布し、実施小学校を選定します。

JFA.jp SITEMAP